芸能

ドラマ撮影はロケ不可能!新型肺炎が招く各界「究極の結末」を総力取材

 もはや、マスク不足どころではない。「イベント中止・延期」「無観客試合」「コロナ休校」…。“コロナ禍”は芸能界、スポーツ界、一般社会、いまや列島全域に蔓延している。水際対策に失敗し、国内感染の拡散を許した政府への批判の声は高まる一方だが、感染パンデミックの果てに起こる究極の結末を総力レポートしているのが、3月3日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 中でもテレビ各局では公開収録番組を急きょスタジオ“無観客”収録に切り替えるなどコロナ禍が猛威を振るっている。華やかなドラマの撮影の舞台裏でもまさに戦々恐々の戒厳令が敷かれていた。真っ先に公開収録を中止にしたのは老舗番組の「笑点」(日本テレビ系)だ。スポーツ紙芸能デスクが明かす。

「放送半世紀以上の歴史を誇る長寿番組ですが、基本的に観客を入れた公開収録を行っている。番組内やホームページで一般募集した1000人の客を集め、隔週土曜に後楽園ホールで行っている。観覧者どころか出演者にもお年寄り層が多いことも、判断を早めた要因になる」

 この動きに呼応するように、NHKの「うたコン」と「のど自慢」もスタジオ収録へと右へ倣えした。このほか、各局は新番組の宣伝などのイベントを中止するなどで急場を凌ぐ構えだが、さらに悲惨なのがドラマの撮影現場なのだ。

「今年の春ドラマは東京五輪の開催直前ということで、各局が数字の稼げる強力ラインアップをそろえた。前作は42.2%の超高視聴率を取った堺雅人(46)主演の『半沢直樹』(TBS系)のほか、篠原涼子(46)の『ハケンの品格』(日テレ系)、木村拓哉(47)の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)などいずれも人気シリーズがゾロゾロ復活を果たす。だがコロナ余波で、ロケ先で大人数が集まるドラマ撮影が断られるケースが頻発。やむなくスタジオ収録に変更を余儀なくされています。また、また群集シーンではエキストラたちにマスクを外させるわけにもいかず、やむなく規模を縮小した脚本を書き換えるなど苦悩している」(前出・デスク)

 こうした例は他にもスポーツ界や政界、フーゾクにも及ぶ。そんな舞台裏を、3月3日発売のアサヒ芸能3月12日号では、6ページのブチ抜き大特集で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
2
阿部華也子が人気番付2連覇!美女お天気キャスター「ムレムレ艶事件」大公開
3
人気女子アナ「バストだけ総選挙」ベスト20(3)テレ東・森香澄が得意のダンス技で…
4
半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”