芸能

新型ウイルス大パニック禍「ニッポン沈没」<芸能界>(2)石原さとみ主演ドラマは「防疫と演出」で視聴率狙い

 惨憺たる状況下で一筋の光明を見いだしたのが、石原さとみ(33)主演の「アンサング・シンデレラ」(フジテレビ系)だった。石原は病院薬剤師という地味な役柄だというが‥‥。

「タイトルには病院の縁の下の力持ちという意味がこめられているが、実際には医師がトップの病院内で薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマです。石原自身は花粉症持ちですが、ふだんから『役に入ると症状が出ない』と言うプロ体質。花粉の時期でもスタジオ内ではマスク姿を見せることはありません」(ドラマスタッフ)

 とはいえ、スタジオ内は不特定多数のキャスト、スタッフ、エキストラが出入りする危険な状況だ。

「緊急外来患者の飛び入りで手術室に入ることはあるが、薬局内をベースに話が展開するため、薬剤師役でもさすがにマスクを着用したままドラマを撮影することはない。しかし、東京五輪では聖火ランナーアンバサダーの大役を果たす石原を防疫するために至上命令が下っている。幸いドラマは病院内のシーンが多くなるため、病院内の医師、患者ほか、苦肉の策として主要キャスト以外は全員マスク着用になる見込みです」(ドラマスタッフ)

 マスク美人が救世主になる可能性もあるという。

「カンヌ尻揉み不倫で世を騒がせた東出主演ドラマ『ケイジとケンジ』(テレ朝系)は、即刻打ち切りになるかと思いましたが、意外や視聴率は横ばい維持と健闘している。実は劇中の『お前終わったな』『最近、いいことが何もない』など現実の不倫修羅を連想させるタイムリーなセリフが奏功しているとも言われています。石原ドラマも、石原がマスクを外し、自慢の唇をじっくり披露すれば、むしろ話題を呼ぶ可能性が高い」(芸能デスク)

 石原のポッテリ唇こそ、新型ウイルスを寄せつけない最強のアイコンになるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?