芸能

新型ウイルス大パニック禍「ニッポン沈没」<芸能界>(2)石原さとみ主演ドラマは「防疫と演出」で視聴率狙い

 惨憺たる状況下で一筋の光明を見いだしたのが、石原さとみ(33)主演の「アンサング・シンデレラ」(フジテレビ系)だった。石原は病院薬剤師という地味な役柄だというが‥‥。

「タイトルには病院の縁の下の力持ちという意味がこめられているが、実際には医師がトップの病院内で薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマです。石原自身は花粉症持ちですが、ふだんから『役に入ると症状が出ない』と言うプロ体質。花粉の時期でもスタジオ内ではマスク姿を見せることはありません」(ドラマスタッフ)

 とはいえ、スタジオ内は不特定多数のキャスト、スタッフ、エキストラが出入りする危険な状況だ。

「緊急外来患者の飛び入りで手術室に入ることはあるが、薬局内をベースに話が展開するため、薬剤師役でもさすがにマスクを着用したままドラマを撮影することはない。しかし、東京五輪では聖火ランナーアンバサダーの大役を果たす石原を防疫するために至上命令が下っている。幸いドラマは病院内のシーンが多くなるため、病院内の医師、患者ほか、苦肉の策として主要キャスト以外は全員マスク着用になる見込みです」(ドラマスタッフ)

 マスク美人が救世主になる可能性もあるという。

「カンヌ尻揉み不倫で世を騒がせた東出主演ドラマ『ケイジとケンジ』(テレ朝系)は、即刻打ち切りになるかと思いましたが、意外や視聴率は横ばい維持と健闘している。実は劇中の『お前終わったな』『最近、いいことが何もない』など現実の不倫修羅を連想させるタイムリーなセリフが奏功しているとも言われています。石原ドラマも、石原がマスクを外し、自慢の唇をじっくり披露すれば、むしろ話題を呼ぶ可能性が高い」(芸能デスク)

 石原のポッテリ唇こそ、新型ウイルスを寄せつけない最強のアイコンになるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意