芸能

深田恭子×綾瀬はるか「張り合うバスト」20年史(3)ポカリスエットのCMで綾瀬ファンが急増

 一方、00年に「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞した綾瀬は、早熟すぎる豊満なバストを武器にグラドルとしてスタートしたが‥‥。

「16歳の時に上京して半年で8キロも太り、バラエティー番組のダイエット企画に出演。目標体重まで痩せられなかったら芸能界引退という厳しい条件を突きつけられました」(芸能プロ関係者)

 それから節制してボディをしぼった綾瀬は、グラビア活動を再開。03年にはDVD「綾瀬はるか…揺れる17歳。」(h.m.P)を発売している。

「すでにスタイルは完成されていましたが、写真集やDVDを出してもグラドルとしてほとんど人気が出ず、不遇の時代を過ごしていました。その後、女優として売れだした頃にインタビューしたら、『当時は水着の仕事が嫌だった』と話していたのを覚えています」(尾谷氏)

 その綾瀬に転機が訪れたのは、04年にドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(TBS系)でヒロインに起用されてからである。

「翌年には歴代人気タレントが出演してきたポカリスエットのCMに抜擢され、入浴シーンを披露。歌いながら湯船に潜り、『ブファー』と出てきた時には谷間がチラ見えし、ファンが急増しました」(広告代理店関係者)

 女優になってニョキニョキとエロスが増していく綾瀬に対し、04年に深田は映画「下妻物語」(東宝)でのロリータコスプレで新境地を開拓。「第59回毎日映画コンクール」をはじめ、主演女優賞を総ナメにした。

「この頃の深田は『深夜ラーメン』の常習者で『ぽっちゃり期』に入っていたため、肌露出は控えめでした」(芸能プロ関係者)

 その間に綾瀬ボディが追いヌキに成功。そして両者は09年春に激突した。

 綾瀬は主演映画「おっぱいバレー」(ワーナー・ブラザース/東映)で、特に脱ぐシーンがないのにタイトルのイメージだけで「おっぱい=綾瀬」の方程式を完成させる。

 これで玉座は安泰と思われたが、深田は映画「ヤッターマン」(松竹/日活)のドロンジョ役に挑戦。超セクシー衣装で話題をさらい、追いヌキにかかった。

「ムチムチした太腿とボンデージからこぼれ落ちそうなバスト。まさに深田にしかできない役柄でした」(尾谷氏)

 こうして深田が先輩の貫禄を見せつけ、スクリーンでの巨乳対決を制したのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合