スポーツ

「新宿注射痕騒動」も思い出され…清原和博、「銀座警察沙汰」にファンの大落胆!

 着々と復帰への道を歩んでいたと思われていたが、ここで暗雲が垂れ込めてきた。

「SmartFLASH」が報じた、元プロ野球選手の清原和博が2月27日に銀座にて起こしていた警察沙汰騒動。同サイトによれば、清原はこの日、高級クラブで呂律が回らなくなるほどお酒に酔い、一緒に高級クラブを訪れた仲間が帰ることを促しても応じず、押し問答に。その様子を見た誰かが喧嘩と間違い、警察に通報したということがコトの顛末のようだが、その際の清原はシャツの袖が破れ、まるで乱闘後といった感じだったとのこと。喧嘩と間違われてしまうのも無理はないだろう。

 最後は観念したのか、おとなしくパトカーに乗り込んだという清原だが、この日の出来事については覚えていなかったようで、翌日友人から聞き、かなり反省していると報じられている。

 法律違反の薬物の使用容疑からまもなく4年が経ち、順調に更生しているように思われていただけに、ファンからは「こんな大事な時期に何してるんだよ」「残念だけど、この分なら再犯する未来がかなり濃厚に見える」「酒すら断てない意思の弱さで薬の誘惑には勝てないわな」などといった声が上がっており、すっかり呆れてしまっているようだ。

「清原は18年9月にも腕に複数の青黒い注射痕が見えたこともあって、夜の新宿・歌舞伎町で警察官の職務質問を受け、必死に『使ってない』とまくしたてたものの、パトカーで警察署まで連行され、尿検査まで行われたこともわかっています。注射痕は糖尿病治療で使うインシュリン注射だったので、清原は全くの濡れ衣を着せられた形とあって、『必死に更生しようとしても信じてもらえない』と当時、落ち込んでいました。ただ、薬物の再犯率を考えると疑いの目が向けられるのも仕方がないところです。しかも、今回の高級クラブには19年11月のオープン当初から通い、高級ボトルを何本も空けて、派手に遊んでいたとのこと。その酒癖の悪さも考えると薬以外でも十分に問題を起こしてしまう可能性も無きにしも非ず、です。清原は昨年11月には『ワールド・トライアウト2019』で監督を務めており、6月で4年の執行猶予も明けることもあって、球界への本格復帰も期待されていただけに、また、マイナスなイメージがついてしまったのも残念ですね」(スポーツ紙記者)

 本気で更生したいという気持ちがあるなら、「今夜はハメをはずそう」とばかりに誘惑の多い夜の街でハデに遊ぶことは、リスクが大きすぎるのではないか。

(権田力也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)