芸能

高嶋ちさ子 華麗なる「オトコとカネ」遍歴(3)ハッキリとしたモノ言いが爽快感を呼ぶ

 男の潮吹きの第一人者でM男心理に精通する著述家の下関マグロ氏は、高嶋夫妻のやりとりから、こんな分析をしてみせる。

「さげすんだ目で『マヌケ、タネなし!』と罵倒されたい。もっと言えば、ビンタの一つもしてもらって、なんだったら回し蹴りを食らいたい。そんな被虐の快感に酔いしれるのがM男なのですが、一方でS女を輝かせるすべを知り尽くしてもいます。怒っている時の表情がいちばん色っぽいと感じれば、あえて怒らせるために失礼なことをしてしまう。高嶋さんのご主人は、妻がいちばん魅力的に見える瞬間を知っているんでしょう」

 そのツボをテレビ局側も心得ているのだろう。

「高嶋さんの共演者は、ちょっとMっぽい人が多いですよね。例えば、コンサート『めざましクラシックス』ではフジテレビの軽部アナがいて、『ザワつく!金曜日』はサバンナの高橋さんがいる。ドS発言を引き出せる人が必ず近くにいるんです。共演者が魅力を倍増させているのではないでしょうか」(下関氏)

 また、すっかり定着した高嶋の猛女キャラが、番組制作ではプラスに働いている面もあるようだ。ある番組スタッフによると、

「コンサートで共演する音楽家の後輩に対して、厳しく当たることで知られています。しかも、どんな番組でもハッキリと直言するじゃないですか。どうしても怖いイメージがあったんですが、現場でスタッフには優しいんです。立ち位置の指示を間違えたスタッフがおそるおそる高嶋さんに告げに行ったら、『どっち側でもまったく問題ないから』って、笑顔で接してくれて‥‥」

 大人としては当たり前の対応にも思える。が、番組中でキレまくる高嶋だけに、温和に映るというのだ。まさに、女王様の責めに耐えたM男に褒美を授ける時に見せる一瞬の優しさのようだ。番組スタッフもM男なのだろうか。いや、これだけ高嶋が人気者になったということは、日本国民がMになってしまったということなのか。ベテラン芸能記者の沖直人氏が答える。

「セクハラ、パワハラに始まり、モラハラやらカスハラと、昨今はハラスメント地獄になっています。職場や家庭、軽口を叩けるはずの飲み屋でさえも『こんなこと言ったら○○ハラスメントになるかも‥‥』と不安になる時代ですから。ハッキリとモノを言う高嶋に爽快感を覚えて、そこが支持を集める理由になっているのでしょう。しかも、暴言にも聞こえますが、誰も傷つけていないのがミソで、あまり不快に思う人がいないのです」

 今後も快進撃を続ける高嶋のドSっぷりを堪能することができそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史