芸能

まだ言うか!? 西野未姫、「指原莉乃の説教もスルー?」な頑固言動にアキレ声

 偉大な先輩の助言も完全にスルー!?

 元AKB48・西野未姫が3月4日放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)に出演。AKB時代の自身のファンを貶す相変わらずな一幕がまたもや見られてしまった。

 同番組は関ジャニ∞が“ゲストの「頑固道」を学ぶ”をコンセプトにこだわりを聞いていく内容となっているが、この日のゲストである西野の頑固道は「どれだけ炎上しようが私には関係ないっす!」というものだった。

 番組では「AKBファンは歯が溶けている」「握手会はゲロ吐くほど嫌いだった」といった西野がファンに向けた過去の失礼発言を紹介していたが、スタジオトークでも西野は「歯が溶けてる人ってあんまりいないじゃないですか? 人生生きてって…」「レアキャラが集結してるのがAKBの握手会なんです」と言いたい放題。

 さらにファンとペアショット写真を撮影する写真会イベントでは、鼻くそが飛んでくるといった災難に見舞われたことを明かしたり、AKBグループで握手会対応に定評があるSKE48の須田亜香里に対しては「あの人はおかしい」と言い切っていたりと、とにかくファンと交流するイベントが苦手だったようだ。

 この握手会トークは関ジャニには大ウケだったようだが、案の定、視聴者ウケは最悪だったようだ。

「ファンを侮辱して笑いをとる西野のスタイルについてはAKB時代の先輩である指原莉乃も『あんなんじゃ、自分が苦しいだけ』と苦言しており、20分ほど西野に説教をしたことを明かしていました。そのため、19年10月に出演したバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、一連のファンへの失礼発言を反省していると謝罪。そのため、指原の説教が効いたかと一瞬思ったのですが、すぐに『(握手会に来るファンは)フガフガ、シーハーシーハーしているというか』と息遣いの荒い感じのしゃべり方でファンの言動を再現して、ダウンタウンの松本人志も『何も学んでないな』と呆れていました。年を越しても、やはりファンをディスるスタイルは続けていくようですね」(アイドル誌ライター)

 当然、西野の振舞いは視聴者のウケも悪く、「ファンの悪口を頑固に言い続ける意味がわからない」「ファンが可哀想」「不愉快だから本当に消えてほしい」など、批判が殺到している。

「”ファンが10人しかいない”と自負している西野ですが、ファンのことをコキ下ろしてばかりのタレントを応援したいと思う人はいませんし、実際ファンは相当少ない気がします。そうなると、番組関係者から飽きられてしまった時にはメディア出演がなくなることはもちろん、イベントでの集客力も見込めませんから、一気にどん底まで落ちるビジョンが容易に想像できます」(エンタメ誌ライター)

 いくら頑固道というテーマに合わせたといっても割に合わないふるまいの西野。目先のテレビ出演だけにかかわらず、今後のこともしっかり見据えて活動していく必要があるのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…