芸能

“無理やり”すぎる!?「テセウスの船」最終回、キャスティングと結末に疑問の声

 竹内涼真主演ドラマ「テセウスの船」(TBS系)の最終回が3月22日に放送され、平均視聴率は19.6%と、今期最高の数字で有終の美を飾った。

 今作は、東元俊哉氏による同名漫画が原作だが、東元氏が早々に「犯人は原作と違う」と発言していたため、ネット上では“犯人は誰か”と大きな話題となっていた。

 父・文吾(鈴木亮平)が起こしたとされる凶悪殺人事件の真相を突き止めようとしていた主人公の心(竹内)は、事件が起こる数日前の時代にタイムスリップしてしまう。そこでは、現世のような殺人犯の家族ではなく、幸せな笑顔の父や母、姉と兄の幼い姿があった。父の冤罪を信じた心は、事件を阻止しようと奔走するが、過去でも現世でも、怪しい人物や事件の証言者が次々と亡くなっていく。

「原作では、心と同じように現世と過去を行き来していたみきおが犯人でした。その理由は、いじめられっ子だったみきおを助けてくれた心の姉・鈴に対する恋慕です。ドラマでは、霜降り明星のせいやが扮する田中正志が犯人でした。その理由は、祭りで振舞われた汁に、誤って毒キノコを入れてしまった女性の息子・正志が、その事故を担当した文吾に対する逆恨みをしていたいうもの。この結末に視聴者は『芸人を重要な役とか、ましてや真犯人に持ってくるとかほんと興醒め』『原作のままがよかった』『もう二度と見たいと思わない。 お粗末すぎる結末と芸人の多用で唖然としたラスト』など、不満に思った人も少なくなかったようです」(テレビ誌ライター)

 むりやり原作と違うエンディングにしたため“齟齬”が生じてしまったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!