芸能

“無理やり”すぎる!?「テセウスの船」最終回、キャスティングと結末に疑問の声

 竹内涼真主演ドラマ「テセウスの船」(TBS系)の最終回が3月22日に放送され、平均視聴率は19.6%と、今期最高の数字で有終の美を飾った。

 今作は、東元俊哉氏による同名漫画が原作だが、東元氏が早々に「犯人は原作と違う」と発言していたため、ネット上では“犯人は誰か”と大きな話題となっていた。

 父・文吾(鈴木亮平)が起こしたとされる凶悪殺人事件の真相を突き止めようとしていた主人公の心(竹内)は、事件が起こる数日前の時代にタイムスリップしてしまう。そこでは、現世のような殺人犯の家族ではなく、幸せな笑顔の父や母、姉と兄の幼い姿があった。父の冤罪を信じた心は、事件を阻止しようと奔走するが、過去でも現世でも、怪しい人物や事件の証言者が次々と亡くなっていく。

「原作では、心と同じように現世と過去を行き来していたみきおが犯人でした。その理由は、いじめられっ子だったみきおを助けてくれた心の姉・鈴に対する恋慕です。ドラマでは、霜降り明星のせいやが扮する田中正志が犯人でした。その理由は、祭りで振舞われた汁に、誤って毒キノコを入れてしまった女性の息子・正志が、その事故を担当した文吾に対する逆恨みをしていたいうもの。この結末に視聴者は『芸人を重要な役とか、ましてや真犯人に持ってくるとかほんと興醒め』『原作のままがよかった』『もう二度と見たいと思わない。 お粗末すぎる結末と芸人の多用で唖然としたラスト』など、不満に思った人も少なくなかったようです」(テレビ誌ライター)

 むりやり原作と違うエンディングにしたため“齟齬”が生じてしまったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」