芸能

松田聖子、デビュー40周年で今明かされる「意外すぎる秘話」!

 松田聖子と同じサンミュージックから3年先にデビューした太川陽介が言う。

「僕にも名前の候補は2つあって、もう1つは『二宮明』でした。最初は『陽介』が古くさいと思ったけど、今となっては『太川陽介』でよかったと思います」

 そして太川は、聖子にも「新田明子」という別の芸名の候補があったと明かす。これを拒否したため、次の候補だった「松田聖子」が繰り上がり、太川の恋人役でドラマデビューした「おだいじに」(79年、日本テレビ系)でも、プロモーションを兼ねて役名を松田聖子にしている。結果論ではなく、この名前のほうが華やかさがあったのだ。

 また、聖子がデビュー前から福岡でレッスンをつけた故・平尾昌晃は、女子高生だった聖子のこんな言葉を聞く。

「先生、私は歌手になって必ず成功するから!」

 平尾はその言葉に驚いたという。

「歌手になることを夢見る子は多いが、その先に自分が成功している姿をイメージできている子は珍しい」

 そして聖子は、多難な道のりを越えて80年4月1日に「裸足の季節」でデビュー。続く「青い珊瑚礁」が大ヒットして、人気番組「ザ・ベストテン」にも待望のランクインを果たしたのは同年8月14日のこと。この日、聖子は札幌から羽田へ降り立つ時間がちょうど第8位の紹介に重なる。番組は空港や航空会社と協議して、タラップを降りて歌う聖子を映し出すプランを約束させる。ところが、仙台あたりの風の影響で予定より5分ほど早く到着しそうだという。それでは生放送の段取りが実現しなくなる─。

「聖子が乗っているその飛行機を空で止めてくれませんか!」

 聖子自身も知らないところで、常識を外れた激しい議論が交わされていた。そして飛行機は、天が味方したのか、もしかしたら要望に応えたのか、予定通りの時間に到着して、聖子は満面の笑みで「青い珊瑚礁」を歌うことになる。

 この春、デビュー40周年を迎えた聖子の知られざるエピソードを描いた「1980年の松田聖子」(徳間書店刊)は、時代の空気を鮮やかに味わえる1冊となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之が明かした島田紳助のテレビでは見せなかった“ア然”エピソード
2
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!