事件

大分 愛人ナースを絞殺までの二重生活(4)“将来は本妻と離婚”の言葉をにおわせていた

「今思えば、週末に来ていた旦那さんらしき人とはケンカをしていたこともあったと聞いています。でもまさか、こんなことになるとは‥‥」(植山さんの自宅近くの住人)

 前出とは別の捜査関係者が、植山さんの置かれた立場についてこう補足する。

「実は、植山さんは過去2度の離婚歴があり、河野容疑者とは別に4人の実子があったものの離婚。その際に子供たちとも離れ離れになっている。そして、そのことも関係しているのか、植山さんは、実家の両親とも疎遠で、河野容疑者との関係はもちろん、子供の存在すら知らせていない。もちろん、両親からの援助も期待できなかった。一方、河野容疑者は、植山さんと知り合った頃から、彼女に対して、将来は本妻と離婚し、植山さんと結婚するようなことをにおわせていた。植山さんがその言葉を懸命に信じていたとしても不思議ではありません」

 河野容疑者が勤めていた大分市の病院は河野容疑者の逮捕後、自主退職という形を取っており、応対に出た職員は、

「今回の事件に関しては一切話をしたくない。辞めた人間のことを話すことは何もない」

 と言うのみだった。

 現在、保護された2人の子供は中津市内の別の児童福祉施設で保護されており、元気に過ごしているという。冒頭の児童福祉施設の職員が言う。

「今回の件で子供の命が助かったことが不幸中の幸いだと思います。容疑者も、子供はかわいかったんですかね‥‥」

 七夕のササが飾られ、多くの短冊がつるされたままになっている河野容疑者の自宅では、事件後、妻や子供たちの姿は見かけられていない。

 地元では好青年として評判の高かった河野容疑者。だが、2人の女性との間に5人の子供を作り3年もの間、二重生活を続けたあげく凶行に及び、2児を置き去りに。そして本妻と築いた家庭も崩壊させてしまった。無軌道な「二重セックス」の代償は、あまりにも大きかったのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!