事件

大分 愛人ナースを絞殺までの二重生活(4)“将来は本妻と離婚”の言葉をにおわせていた

「今思えば、週末に来ていた旦那さんらしき人とはケンカをしていたこともあったと聞いています。でもまさか、こんなことになるとは‥‥」(植山さんの自宅近くの住人)

 前出とは別の捜査関係者が、植山さんの置かれた立場についてこう補足する。

「実は、植山さんは過去2度の離婚歴があり、河野容疑者とは別に4人の実子があったものの離婚。その際に子供たちとも離れ離れになっている。そして、そのことも関係しているのか、植山さんは、実家の両親とも疎遠で、河野容疑者との関係はもちろん、子供の存在すら知らせていない。もちろん、両親からの援助も期待できなかった。一方、河野容疑者は、植山さんと知り合った頃から、彼女に対して、将来は本妻と離婚し、植山さんと結婚するようなことをにおわせていた。植山さんがその言葉を懸命に信じていたとしても不思議ではありません」

 河野容疑者が勤めていた大分市の病院は河野容疑者の逮捕後、自主退職という形を取っており、応対に出た職員は、

「今回の事件に関しては一切話をしたくない。辞めた人間のことを話すことは何もない」

 と言うのみだった。

 現在、保護された2人の子供は中津市内の別の児童福祉施設で保護されており、元気に過ごしているという。冒頭の児童福祉施設の職員が言う。

「今回の件で子供の命が助かったことが不幸中の幸いだと思います。容疑者も、子供はかわいかったんですかね‥‥」

 七夕のササが飾られ、多くの短冊がつるされたままになっている河野容疑者の自宅では、事件後、妻や子供たちの姿は見かけられていない。

 地元では好青年として評判の高かった河野容疑者。だが、2人の女性との間に5人の子供を作り3年もの間、二重生活を続けたあげく凶行に及び、2児を置き去りに。そして本妻と築いた家庭も崩壊させてしまった。無軌道な「二重セックス」の代償は、あまりにも大きかったのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐
3
木下優樹菜がまた男に触らせてる!旦那無視のインスタ投稿は「ヤンキーの業」?
4
木村拓哉「東京フレンドパーク」出演でまた指摘された「成長しない」大欠点!
5
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)