芸能

京マチ子、没後1年で振り返りたい「羅生門」で放った圧倒的「オンナの魅力」

 5月12日は、2019年に女優・京マチ子がこの世を去った日である。享年95。長寿であった。

 1924(大正13)年、3月25日大阪市生まれの京は、大阪松竹少女歌劇団(OSK)に入団し、娘役として活躍。49(昭和25)年に、大映に入社し、映画「羅生門」のヒロイン役が有名である。黒澤明監督は、当初、この映画のヒロインに原節子を考えていたが、どうしてもこの役をやりたかった京は、オーディションの際に眉毛を剃る意気込みを見せ、黒澤監督を翻意させたという。

 1950年の映画公開時、京は26歳。匂うような美しさであったろう。監督を前出の黒澤、脚本を黒沢と橋本忍が撮影が宮川一夫を務めた。そして、音楽は早坂文雄という最強布陣で、ベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を獲得。日本映画としての初の栄冠であり、当時、連合国軍占領下の日本を大いに沸かせ、希望をもたらしたのであった。

 よく知られるように、映画「羅生門」の原作は芥川龍之介である。映画にも、《「藪の中」より》のクレジットがあるが、「藪の中」に加えて、「羅生門」を基にした脚色である。平安の乱世を舞台に、検非違使に裁かれる変死事件が作品のモチーフだが、文字通り、語源ともなった「藪の中」な話で、事件の当事者3人と事件の目撃者の計4通りの証言が錯綜する物語である。当時のポスターのキャッチがすばらしくわかりやすい。

〈むせかえる真夏の草いきれの中で繰り展げられる盗賊と美女とその夫の、息詰るような愛慾絵巻!〉

 京が扮する「盗賊に性的暴行を受けた女」と「目の前でそれを見た夫」(森雅之)と盗賊(三船敏郎)がそれぞれに主張する「正義と真実」。その実相は、エゴイズムと矜持に彩られ、映画画面で印象的な木漏れ日の揺らぎに似て、時折ギラギラ照り付ける太陽光線のように鮮やかでもある。

 特筆すべきは、様々な表情と身体で表現された京の圧倒的な魅力だ。夫がマムシに咬まれたと聞いた京の急に青ざめ、凍り付いたような子供っぽいくらい真剣な顔、その後の激しい「口吸い」シーン、泣いて突っ伏す姿、すがる京の「ヒップの曲線」…。いずれもが、必見の至宝シーンであり、「グランプリ女優」京マチ子の凄みが伝わる名シーンでもある。

 2020年は、黒澤明生誕110年で、三船敏郎生誕100年でもある。「羅生門」を観るに、これほどふさわしい年はないかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚