エンタメ

「鬼滅の刃」の作者を巡る報道に「記事にするな!」と怒声が飛び交うわけ

 週刊少年ジャンプで人気沸騰の連載マンガ「鬼滅の刃」が5月18日発売号で最終回を迎えた。5月13日にはコミックスの第20巻が発売されたばかりで、10月にはアニメ映画の公開も予定する中、人気連載マンガとしては異例とも言える205話の短さで完結することになった。

 その「鬼滅の刃」を巡ってはコミックスが6000万部(電子版含む)というメガヒットも相まって、あの週刊文春まで騒動に首を突っ込む事態に。

 4月30日発売の同誌では「“女性作者”の素顔と“まもなく連載終了”の事情」との記事を掲載したが、多くのファンからは「鬼滅を記事にするな!」との怒声が飛び交っているというのだ。

「正直なところ、作者が女性という情報はファンにとってはどうでもいい。しかし文春の記事にはほんの少しだけですが、ネタバレの記述があります。ネタバレとはいっても少年ジャンプ本誌の読者にとってはすでに読了している話ですが、『鬼滅の刃』では事情が異なるのです。というのも本作の人気が爆発したのは昨年4~9月に放送されたアニメがきっかけ。さらにNetflixなどでもアニメが配信されており、ジャンプ本誌を読まずに鬼滅ファンになった人が少なくありません。その後追いファンこそが、アニメ放送前には250万部、放送終了時にも1000万部だったコミックスの累計発行部数を6000万部まで押し上げた原動力となっています」(ネット系ライター)

 コミックスは連載終了後も7月に21巻、10月に22巻、そして12月に23巻の発売がアナウンス済み。つまりコミックス派(後追いファン)の鬼滅ファンは今年いっぱい、まだまだ新作を楽しめるというわけだ。

「それゆえコミックス派は連載終了の報に接しても、内容については情報遮断を徹底。ところが文春の記事でごく一部ながら先の展開がネタバレし、しかもわりとクリティカルな内容だったことから《知りたくなかった!》《関係ない文春が書くな》などといった意味の怨嗟の声が巻き起こっています。さらに連載終了を報じる他メディアの記事でも内容について触れているケースがあり、コミックス派のファンはますます情報遮断を徹底しなければならなくなっているのです」(前出・ネット系ライター)

 もし知り合いに鬼滅ファンがいても、物語終盤について語り合うのは遠慮したほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…