エンタメ

「鬼滅の刃」の作者を巡る報道に「記事にするな!」と怒声が飛び交うわけ

 週刊少年ジャンプで人気沸騰の連載マンガ「鬼滅の刃」が5月18日発売号で最終回を迎えた。5月13日にはコミックスの第20巻が発売されたばかりで、10月にはアニメ映画の公開も予定する中、人気連載マンガとしては異例とも言える205話の短さで完結することになった。

 その「鬼滅の刃」を巡ってはコミックスが6000万部(電子版含む)というメガヒットも相まって、あの週刊文春まで騒動に首を突っ込む事態に。

 4月30日発売の同誌では「“女性作者”の素顔と“まもなく連載終了”の事情」との記事を掲載したが、多くのファンからは「鬼滅を記事にするな!」との怒声が飛び交っているというのだ。

「正直なところ、作者が女性という情報はファンにとってはどうでもいい。しかし文春の記事にはほんの少しだけですが、ネタバレの記述があります。ネタバレとはいっても少年ジャンプ本誌の読者にとってはすでに読了している話ですが、『鬼滅の刃』では事情が異なるのです。というのも本作の人気が爆発したのは昨年4~9月に放送されたアニメがきっかけ。さらにNetflixなどでもアニメが配信されており、ジャンプ本誌を読まずに鬼滅ファンになった人が少なくありません。その後追いファンこそが、アニメ放送前には250万部、放送終了時にも1000万部だったコミックスの累計発行部数を6000万部まで押し上げた原動力となっています」(ネット系ライター)

 コミックスは連載終了後も7月に21巻、10月に22巻、そして12月に23巻の発売がアナウンス済み。つまりコミックス派(後追いファン)の鬼滅ファンは今年いっぱい、まだまだ新作を楽しめるというわけだ。

「それゆえコミックス派は連載終了の報に接しても、内容については情報遮断を徹底。ところが文春の記事でごく一部ながら先の展開がネタバレし、しかもわりとクリティカルな内容だったことから《知りたくなかった!》《関係ない文春が書くな》などといった意味の怨嗟の声が巻き起こっています。さらに連載終了を報じる他メディアの記事でも内容について触れているケースがあり、コミックス派のファンはますます情報遮断を徹底しなければならなくなっているのです」(前出・ネット系ライター)

 もし知り合いに鬼滅ファンがいても、物語終盤について語り合うのは遠慮したほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
4
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ