スポーツ

ガードが一番!?渡嘉敷勝男が明かした「街中で殴られそうになった時」対処法

 熊に遭遇したら死んだふり…。かつて、まことしやかにそんな“常識”を耳にしたものだが、実は、熊に遭遇した際にとってはいけない行動として、〈驚いて大声を出す〉〈走って逃げる〉〈死んだふり〉などがあるという。雑食性の熊は死んだ魚や動物を食べることがあるそうで、倒れて死んだふりをすると、むしろ興味を持った熊を引き寄せてしまう可能性があるんだとか…。

 もっとも、熊に遭遇するなんて稀有なケースだろうけれど、では、危険な人だったらどうか?現在社会において、街中で遭遇してしまうことは十分あり得るのではないだろうか…?

 元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉、5月10日に〈トカちゃんの、まったりトーク!「コロナで治安悪化!?もし街中で絡まれたら」「強いと言われながらチャンピオンになれなかった選手」など〉を投稿。視聴者からの質問〈自分の身を守ると言う意味でもし街中とかで殴られそうになった場合…?〉の対処法について、渡嘉敷氏は、一番はガードしながらよけることだとし、

「よけて、よけて、ガードの上から打たせて、だいたい1分も打たせれば疲れてきますから、そうしたらポーンと押して、『はい、じゃあね~』と、そのまま帰るとかね」

 そこまでの余裕がなくて、先手必勝、先に殴ったりして、相手が怯めばいいが、逆上して凶器を手にする危険性もあるから、やはりボクシングを覚えて、うまくガードするのがいいと持論を展開した。やむを得ない場合は、横腹を殴る、金的をくらわすといった手段もあるが、相手が倒れて死んでしまってはいけない、と渡嘉敷氏らしい優しさも見せ、

「逃げるが勝ちという言葉もあるしね」

 と走るスタミナをつけたほうがいいのではないかと結んだ。

 これに〈達人の奥義を、ニコニコしながら軽やかにトークしてる感じ〉といった視聴者のコメントもあり、なかなか素人がマネできる代物ではなさそうだ。

 プロボクサーでも上まで行けば人間ができてくるが、強いからといって優しいわけじゃない人もいると言う渡嘉敷氏。逃げるスタミナも、そう簡単にはつかない気もするし、やはり素人には、そういう人に遭遇しないような場所で活動するのが一番かもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ