芸能

ひな壇芸人も消える!?東野幸治も同調した“リモート出演”が常態化するワケ

 5月17日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)で、お笑い芸人の東野幸治らがバラエティ番組の現状と将来について語る場面があった。

 最近のバラエティー番組はスタジオ内の出演者の人数を減らすとともに距離をあけ、他の出演者はリモートで登場というのが定番。この日、スタジオで司会を務めた月亭八光は今の状況を踏まえ「いずれはこうなっていきそうですよね」と言うと、リモート出演の東野は「今、どの番組もこんな感じやから違和感ないと思う」と同意。八光は「正直カンテレも、東野さんと(リモート出演している)ほんこんさんと(井上)公造さんの交通費だけでもめっちゃ浮く」と語った。

 八光によると、この日のスタッフは吉本興業からのマネージャー1人、スタイリストも1人。スタジオゲストもふだんは10人ぐらいのところ、お笑いコンビ・シャンプーハットと月亭方正の3人のみ。八光は「(この体制で番組が)できることがわかると、 経費でいうとだいぶ削減になってきます」と言い、東野は「スタジオはMC1人だけおったらええねん。あとは全員、家とか家の近所のカフェとかからリモートしたらいいだけ」と付け加えた。

 東野と八光の見方としては、以前から経費削減を進めてきたテレビ局が、コロナ問題で新たなコストカット法を学び、今後も続けていくということだろう。

 一方、ほんこんは「これから(通信が)5Gになったら、そうなると思うけど、そうなったらそうなったで経済回ってこないよ。経費を削ってばかりしてたら」と異論を挟み、「今こういう状態で視聴者の方も仕方がないなという気持ちで観ていただいているから成立している。 人間ってやっぱりコミュニティーがなかったらおもしろいもんができへんと思う」と力説している。

 コロナ以前のバラエティーといえば、ひな壇芸人だらけだったが、今ではすっかり消滅。 今後のバラエティー番組がどう変化していくのか興味深いところだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”