芸能

あの元人気艶系女優、「動画にはやめて」と懇願する“コメント”とは?

 現在はYouTuberとして活躍している、ある元人気艶系女優のYouTubeチャンネルは、5月22日現在で登録者数49.6万人を数え、なかなかの人気ぶりを誇っている。ところが、4月16日に投稿された回は〈怒ってません。助けてください。〉と、なんとも意味深なタイトルで、視聴者の関心を集める内容だった。

「本日はお話したいことがありまして、動画を回しています」

 と、番組冒頭、神妙な面持ちで語りだすこの元艶系女優とは、「あいちん」こと上原亜衣。彼女のチャンネル〈あいちゃんねる〉での話の内容は、こうだった。自分は艶系女優を引退してから復帰して、YouTubeを始めて、活動的にはYouTubeが軸になっているとしながらも、「最近困っていることがありまして。自分の得た知識とかをみなさんに教えたいなと思ってやってるんですけど、コメントがですね…」として、いわゆる“性的にいやらしい”コメントが「けっこう」多いというのだ。「それはわかるんです」と自分は元艶系女優であることはわかっているとしながら「そういう仕事をしていたから全然いいんですけど、そういうコメントが多いと、動画に収益がつかなくなってしまっています」と、ズバリ内情を吐露したのだ。

 そういえばYouTubeのチャンネル登録者数205万人を抱えるお笑いタレントの江頭2:50が、かつて動画の内容が内容なので、YouTubeに広告がつかないと心配していたが、上原が言うには、動画につくコメントの内容にも広告の有無が左右されてしまうということだった。

 さらに上原の心配は「女の子とかも見てくれていたりとか、YouTubeから知ってくださった方もいらっしゃったりとか」と、すべての視聴者が“いやらしいコメント”に同意できる人ばかりではないと指摘しつつ、ただし、艶系女優であった過去を隠したいといったことではないので、と断りながらこうも語る。

「そういうコメントをしたい方もいっぱいいると思うんですよ。そういう方は、Twitterなりね、Instagramなりね、ニコ生もやっているので。ニコ生は性の相談にも答えているので、そっちに下さい」

 これを受け、〈今日からは心を入れ替えて動画みます。シンプルに亜衣さんがすきだから〉と改心を宣言する視聴者のコメントも多数あり、上原の思いはファンに届いたようだ。もっとも、懸念すべきはファンではなく、おもしろがってファンを装う“ファンもどき”だろう。そんなコメントを見かければ、解決できるように、ファンの力を結集してもらいたいと筆者も願うばかりだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ