芸能

あの元人気艶系女優、「動画にはやめて」と懇願する“コメント”とは?

 現在はYouTuberとして活躍している、ある元人気艶系女優のYouTubeチャンネルは、5月22日現在で登録者数49.6万人を数え、なかなかの人気ぶりを誇っている。ところが、4月16日に投稿された回は〈怒ってません。助けてください。〉と、なんとも意味深なタイトルで、視聴者の関心を集める内容だった。

「本日はお話したいことがありまして、動画を回しています」

 と、番組冒頭、神妙な面持ちで語りだすこの元艶系女優とは、「あいちん」こと上原亜衣。彼女のチャンネル〈あいちゃんねる〉での話の内容は、こうだった。自分は艶系女優を引退してから復帰して、YouTubeを始めて、活動的にはYouTubeが軸になっているとしながらも、「最近困っていることがありまして。自分の得た知識とかをみなさんに教えたいなと思ってやってるんですけど、コメントがですね…」として、いわゆる“性的にいやらしい”コメントが「けっこう」多いというのだ。「それはわかるんです」と自分は元艶系女優であることはわかっているとしながら「そういう仕事をしていたから全然いいんですけど、そういうコメントが多いと、動画に収益がつかなくなってしまっています」と、ズバリ内情を吐露したのだ。

 そういえばYouTubeのチャンネル登録者数205万人を抱えるお笑いタレントの江頭2:50が、かつて動画の内容が内容なので、YouTubeに広告がつかないと心配していたが、上原が言うには、動画につくコメントの内容にも広告の有無が左右されてしまうということだった。

 さらに上原の心配は「女の子とかも見てくれていたりとか、YouTubeから知ってくださった方もいらっしゃったりとか」と、すべての視聴者が“いやらしいコメント”に同意できる人ばかりではないと指摘しつつ、ただし、艶系女優であった過去を隠したいといったことではないので、と断りながらこうも語る。

「そういうコメントをしたい方もいっぱいいると思うんですよ。そういう方は、Twitterなりね、Instagramなりね、ニコ生もやっているので。ニコ生は性の相談にも答えているので、そっちに下さい」

 これを受け、〈今日からは心を入れ替えて動画みます。シンプルに亜衣さんがすきだから〉と改心を宣言する視聴者のコメントも多数あり、上原の思いはファンに届いたようだ。もっとも、懸念すべきはファンではなく、おもしろがってファンを装う“ファンもどき”だろう。そんなコメントを見かければ、解決できるように、ファンの力を結集してもらいたいと筆者も願うばかりだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性