芸能

朝日奈央「NGナシ」の脱アイドル素顔(1)バカリズムの「オスブタ」発言の返しに…

 現在のバラエティー番組といえば「お笑い第7世代」を中心とした芸人メインの印象が強い。だが、それに華を添える女性タレントも必須。そんな中、いつの間にか「特等席」をゲットしていたのが朝日奈央だ。アイドル出身なのに「NGがない」という、彼女の魅力を総ざらいする。

 昨年のテレビ番組出演本数が239本(ビデオリサーチ調べ)という、まさに「令和のバラエティー女王」としてブレイク中の朝日奈央(26)。

 彼女のキャリアをひもとくと、意外なことにモデルから芸能人生をスタートしている。07年、小中学生向けファッション誌「ラブベリー」(小社刊)の専属モデルとして業界デビュー。翌年、フジテレビ系の同名番組から派生した「アイドリング!!!」の2期生として、アイドルの仲間入りを果たした。当時を知るアイドル誌編集者が話す。

「率直に言って彼女の印象は『いい人』、そして『少し天然』です。インタビューなどで多少のムチャ振りをしても一生懸命答えてくれますし、おもしろいことを言うわけじゃなくても、こちらの期待に応えようとする。その真摯さが好感度を呼ぶタイプですね」

 そんな真摯さが如実に表れたのが「メスブタ事件」だという。13年8月放映のバラエティー番組「アイドリング!!!」(フジテレビ系)で「朝日を動物に例えると?」の問いに、メンバーの古橋舞悠(21)が「豚」と答えたことがきっかけだった。

「その番組は、MCのバカリズム(44)から『朝日さんは男なんですよね』と、よく突っ込まれていたように『朝日は実は男』というイジり方がお決まりでした。なので『豚』と言われた際『オスブタですよね、結局』と、バカリズムがトラップをかけたわけです。まんまとそれに乗った朝日は『違う、メスブタですよ!』と反論しました」

 それをおもしろがったバカリズムが「なになに、あなたは『オスブタ』じゃないんですか?」とあおると、朝日はムキになって、思わず「私はメスブタです!」と絶叫してしまった。

「キモは『メスブタ』という意味が持つ、性的な比喩をまったく理解していなかったこと。彼女にしてみれば、日頃から男だとイジられているので、オスブタというのが心外であって‥‥まあ、そのあたりが天然ですよね。もっとも、バカリズムはもちろん、スタジオの観覧席のファンやメンバーの一部も意味を理解しているので、彼女の『私はメスブタです!』の連呼に、スタジオ内は大爆笑に包まれました」(アイドル誌編集者)

 また朝日は、この番組の9周年企画として「安心してください、はいてますよ」でブレイクした芸人、とにかく明るい安村(38)のパロディ「とにかく明るい朝日」を披露。ショートパンツにチューブトップで登場するや、体育座りで胸と下半身を隠して「全裸」をさらす伝説も残している。

「渾身の芸でしたが本編では使われず、NG特集のサプライズとして放送されたというところも、彼女らしいですね」(アイドル誌編集者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論