芸能

石橋蓮司、自分の主演映画なのに”豪華すぎてボヤいた”脇役陣の顔ぶれ!

 映画「亡国のイージス」や「北のカナリアたち」で知られる阪本順治監督作、石橋蓮司主演映画「一度も撃ってません」が7月3日、初日を迎えた。

 石橋演じる主人公・市川進は、妻の年金をあてにして暮らす、売れないハードボイルド作家。しかしその裏の顔は、「サイレントキラー」の異名を持つヒットマン。だが、その裏の顔さえも小説のネタのために請け負っているだけで、実際は本職のヒットマンに仕事を回していたというコメディ映画だ。

 今作、なんといってもキャストがすごい。進の妻役に大楠道代。友人役に岸部一徳と桃井かおり。担当編集者は佐藤浩市。その他、柄本明、小野武彦、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、井上真央、渋川清彦、柄本佑、濱田マリ、新崎人生、前田亜季。そして、佐藤の息子・寛一郎も出演している。

「夢のような豪華出演陣で、映画ファンならずとも身震いものです。どの役者も皆、阪本監督作品だからこそ集結したと聞いています。公式ホームページには、イラストレーターで漫画家の「死後くん」によるショート漫画があるんですが、その中で漫画のキャラとして描かれた石橋が『俺以外の脇役がやけに豪華!!』『主役の俺が目立たないのでは…!?』とボヤいているかのようなセリフがあり、きっとそれは石橋の本音なんだろうと笑わせてくれます」(芸能ジャーナリスト)

 東京・TOHOシネマズ日比谷、新宿武蔵野館ほか全国で上映中だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上