芸能

やはり天才!生田絵梨花、ミュージカル配信までのストイック舞台裏に激賞の声

 それを当たり前にこなしてしまうのがやっぱりすごい!?

 乃木坂46の生田絵梨花が7月2日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演。ミュージカルをわずか1カ月という短期間で完成させる苦労について明かしている。11日にLIVE配信される出演ミュージカル「TOHO MUSICAL LAB.『Happily Ever After』」は、本番までの期間が短く、台本をもらったわずか3日後には稽古に入っていたそうだ。というのも、通常のミュージカルは1年以上の準備期間が必要とされているが、今回は企画発案から本番まで約1カ月で行うという過密スケジュールだったとのこと。

 そのため、セリフを3日間で覚えないといけなかったため、生田は「大げさじゃなくてご飯食べてる時間も台本とにらめっこみたいな。そういう経験は初めてでしたね」と、セリフを頭に叩き込んだ期間の過酷さを振り返っている。

 ご飯タイムすらもゆっくりととることができないとなると、少々気の毒に思えてしまうところだが、このただでさえ過密スケジュールを生田の場合は同時に無謀なチャレンジにも挑んでいたことはファンの間では有名だ。

「生田は6月21日に放送された乃木坂46が46時間の生配信に挑む『乃木坂46時間TV』(ABEMA)の中で、5月某日までまったく触れたことがなかったバイオリンとギターの生演奏を披露しています。ただでさえ、音を出すだけでもかなり難しいと言われるバイオリンを短期で習得しなければいけないと無茶なチャレンジですが、それに加えて練習期間が外出自粛期間とかぶってしまったことで最初の1カ月は独学で楽器の練習をして、6月に入ってようやく先生との対面してのレッスンができたそうです。そのため、先生ですらも『無謀っちゃ無謀ですよ』と言い切っていたのですが、見事にバイオリン、さらにはギターの演奏も成功させていました。それだけでも十分すごいのですが、今回のミュージカルは企画発案から本番まで1カ月ということですから、この2楽器の演奏披露本番に向けて、練習が佳境に入った時期にミュージカルのセリフ覚えも同時に進行していた可能性もありますよね」(アイドル誌ライター)

 生田が2楽器の演奏習得に加え、ミュージカルに向けての準備もしていたという新事実を知ったファンたちからは「さすがにストイックすぎる。やっぱりすごい人だわ」「オレなら追い込まれて過ぎて、頭パニックになって全部投げ出してるかも」「こんなに自粛期間中を忙しく過ごしてるんだから、ふだんも全く遊んでないんだろうな」など、生田のストイックぶりに称賛の声が上がっている。

 2楽器の演奏習得チャレンジに挑んだ理由については「この自粛期間中に自分のモチベーションを保つ意味もあったし、あとは『みなさんのために何ができるかな』と思った時に、少しでもこんなちっちゃい自分でも勇気を届けられたらいいなと思ったので、今回こういう企画にさせていただきました」と語っていた生田。ファンは生田の超人ぶりに改めて感じ入ったことだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ