芸能

渡部建の不在で空席「高校野球枠」に名乗りを上げる“お笑いコンビ”とは?

 6月に複数人の女性との不貞が報じられたことで、芸能活動の休止に追い込まれた、アンジャッシュ・渡部建。

 6月25日発売の「週刊文春」に掲載されたインタビューで「懺悔の言葉」を繰り返したものの、いまだ謝罪会見は開いていない。

 TBS系「王様のブランチ」でMCを務め“芸能界のグルメ王”として各局のバラエティ番組で引っ張りだこだった渡部の“失脚”により、テレビ界に激震がいまだ走り続けている。

 今後の渡部について「復帰時期は早くても来年の夏以降との見方が強いですね」と語るのは、芸能関係者だ。

「彼と連絡を取り合っている芸人によると『いまも精神的に公の場に出てこられない状態』。世間に許してもらう以前に渡部自身のメンタルを何とかする必要があるんです」

 そんななか急ピッチで進行しているのが、“代役”を巡る動きだ。

 同関係者が続ける。

「“グルメタレント枠”ではGACKT、V6長野博、ケンドーコバヤシといった複数の名前がポスト渡部として挙がっていますが、“高校野球タレント枠”では、どう考えても“あのコンビ”しかいないとテッパン視されているんですよ」

 そのコンビとは。

「高校野球の名門・済美高校出身のティモンディです。ボケの高岸宏行、ツッコミの前田裕太とも同校の主力選手として活躍し、高岸は剛速球投手としてプロのスカウトも注目していたという逸材。渡部が失脚したいま、今後の高校野球関連番組で“天下取り確実”と見られています」(前出・関係者)

 高校野球を大いに盛り上げてくれそうなティモンディであった。(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故