芸能

パワハラに見える!?篠原涼子、「ハケンの品格」視聴率回復も囁かれる「懸念」

 7月8日放送のドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第4話の平均視聴率が12.7%を記録した。

 篠原涼子主演の同ドラマは、13年ぶりにお目見えした新シリーズ。前シリーズは平均視聴率20.2%、最終回26.0%を叩き出し、篠原の代表作となった。今回の新シリーズはコロナ禍の影響で初回は約2カ月遅れでスタートしたが、それでも14.2%を記録し、篠原の人気健在を世に示した。だが、第2話・第3話ともに11.9%にダウン。

 視聴率アップの理由は、篠原扮する一匹狼のスーパー派遣・春子に思いを寄せる、大泉洋演じるS&F社員東海林武が、第2話と第3話で不在だったが、再登場。第1シリーズで人気だった丁々発止の掛け合いがみられたためのようだ。とはいえ、懸念材料は残っているという。

「13年の空白は何といっても大きく、スーパー派遣を演じる篠原の存在が時代錯誤に見える。年齢相応に篠原はやたら貫禄たっぷりで、正社員相手に小気味よさを感じさせた正論は開き直りにしか聞こえず、不出来な後輩派遣や新米派遣を手下のように扱う姿はパワハラにも見えますよ。今のご時世、面と向かって『お時給泥棒』と言われれば、気弱なハケンなら心を病んでしまうのではないかと見ていて心配になってしまいます」(テレビ誌記者)

 それでなくても、夏は人々がアウトドア志向になり、視聴率が伸び悩むドラマ界。今回視聴率に貢献した大泉の頑張りが泡と消えてしまわなければいいのだが。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史