スポーツ

「ヤンチャ」で「礼儀正しい」!?あの秋山幸二が明かしていた清原和博との「秘話」

 お笑いタレントであり、九州を中心に活動するローカルタレントのコンバット満のYouTubeチャンネル〈コンバット満チャンネル〉に西武ライオンズ、福岡ダイエーホークスで活躍した元プロ野球選手の秋山幸二氏が出演、6月28日投稿〈元ホークス監督・秋山幸二さんと野球トーク#1〉の中で清原和博氏の印象について語った。

 秋山氏と言えば、1981年にドラフト外で西武ライオンズに入団、通算安打数は2157本で名球会入り、本塁打王1回、盗塁王1回、ゴールデングラブ賞に11回輝くなど、まさに走・攻・守がそろった選手で、86年の日本シリーズでは唯一となる第8戦で披露した“バック宙ホームイン”は今も記憶に新しいところだ。

 そんな秋山氏に続き、86年に西武ライオンズに入団した清原氏とは「AK砲」と称され、他球団に脅威を与えた。清原氏は1年目から打率3割4厘、31本塁打の活躍を見せたことから、「ホームラン一生懸命打ちたいっていうのがあったんで、いいライバルができたなと思って」と秋山氏は目を細めた。

 清原氏の性格については、「ヤンチャだったね」と振り返った秋山氏だったが、しかし、こんなふうにも続けた。

「本当に礼儀正しいですよ。ファンの人たちの見方と、一緒にやってる人たちは多分全然見方が違うと思う」

 球界の番長とは名ばかりの印象だと述べたのである。また、秋山氏は2009年から6年間福岡ソフトバンクホークスの監督を務めており、引退後の清原氏がキャンプ地巡りで訪れた後、感謝の印として秋山氏に宛てて直筆の手紙を送ってくれたとの秘話も明かしたのだった。

 清原氏が1年目で活躍した翌年の87年、秋山氏は念願の本塁打王のタイトルを獲得。新人の活躍に発奮したのだとすれば、清原氏無くして本塁打王のタイトルは秋山氏に生まれなかったかもしれない。

“無冠の帝王”とも呼ばれた清原氏だが、そんな形で、他の選手の記録樹立にアシストしていたことは少なくなさそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
5
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!