芸能

仁支川峰子、あの番組再登場が待望の「不貞を芸の肥やしに昇華」壮絶人生

 今や「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)の準レギュラーと言える存在感を放っているのが、仁支川峰子。最近こそ登場していないが、たびたびVTRが流れたり、ゲストがその名をあげたりなど、番組でその名を耳にする。

 演歌歌手として「あなたにあげる」でデビューし、その後女優としても「極道の妻たち」をはじめ五社英雄監督作品の「吉原炎上」「肉体の門」などに出演した仁支川だが、特に「吉原炎上」で彼女(当時は西川)が演じた小花という花魁が最期を迎えるシーンで、胸をはだけながら喀血し、時に脚を開いて「ここ噛んでぇ~」と絶叫する壮絶なシーンは、マツコや友近の大のお気に入りシーンとしても知られている。

「リアルタイムで仁支川の活躍を知らない若い世代も、今年2月26日放送の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)と6月5日放送の『かりそめ天国』で仁支川本人が語った壮絶人生を聞いて、マツコや有吉弘行から“かりそめファミリーみたいなもの”と敬愛されている理由に納得したようです」(女性誌記者)

 というのも、この2つの番組で、仁支川の、まるで人生が五社監督作品のような“凄み”が、若い視聴者にも伝わったからだという。

「まず、仁支川は23歳の時に、現在は自転車で全国を探訪し健康的なおじさんに見える“元祖プレイボーイ”火野正平の“7番目のオトナの恋人”になりました。そして東京・西麻布にあった当時のソ連大使館のそばに住むも、のちに“8番目のオトナの恋人”の存在を知ったことで別離。翌年、実業家の男性と忘れられない恋に落ちるも1億円貢いで別れることになった。40歳の時には那須高原の新築1カ月の自宅が台風4号に伴う豪雨で流され、翌年、同じ土地に2軒目となる自宅を建てたと話しながら、『命があればいいのよ。(生きていれば)またあるから』と笑い飛ばしていましたね」(女性誌記者)

「ゴールデンになってから1回も呼んでもらってない」とリモート出演でマツコと有吉に訴えていた仁支川の、ふたたびの登場が待ち遠しいばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ