芸能

花田優一、バンクシー批評でやっぱり“炎上”でも大満足していた!?

 元貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が、8月29日放送の「伯山カレンの反省だ」(テレビ朝日系)に出演。“希望通り”のみごとな炎上を遂げている。

 花田は番組で、神田伯山とバンクシー展を鑑賞。花田が画家としても活動していることから、伯山にバンクシーの絵について問われると“影響力は10点満点”とし、「絵の素晴らしさとか緻密さっていうよりも、“情報で人を遊ぶ”っていうことをアーティストで初めてやった」と評価。さらに、バンクシーのアトリエを再現したブースを見学すると、「壁に文字を書く感じとかはオレのことマネてるなって…」と語り、そのコメントに伯山は「キタね、つらいロケだね」苦笑い。

 また、バンクシーの「キリスト・ウィズ・ショッピング・バッグズ」なる風刺画を鑑賞すると「これはあんまり好きじゃない。イエス・キリスト使っちゃうとルール違反感はありますよね」とし、伯山から「じゃあお前が“貴乃花”使うのとルール違反感は同じだよね?」と突っ込まれ、「それはみんな勝手に言ってること。使いたくないですよ。貴乃花っていう名前は。(自分も)名前出さないでテレビも出ないでやっとけばよかったかなって思うときあります」と花田。

 ロケ終盤には自身の絵を会場に置くようにせがまれた花田が即興でキャンバスに描画。「この国で靴作ることに対しての怒りを描きたかった」と、靴をバツ印で覆い“MAKE F○○king JAPAN”と入った作品を仕上げ、伯山が「靴を作れば作るほど日本がオレを責めてくる、叩くことに対してふざけんなっていうことを1枚の絵にしてるんでしょ?」と感想を述べると花田も同意。「これまた炎上するね」との指摘には「これ炎上することを求めています」と即答していた。

「ネット上ではこれに《いいから靴作ることに専念しとけ》《痛すぎる》など相変わらずの叩かれぶりですが、一方で《ポンコツぶりに笑った》《叩かれキャラがすうかり定着》とした意見も見られ、薄っぺらいバンクシー知識を突っ込まれ続けた花田も、何やら満足気に見えましたね。芸能活動では、すでに炎上キャラが心地よいものになっているのかもしれません」(芸能ライター)

 これからも謎の自信満々ぶりを見せてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)