芸能

花田優一、バンクシー批評でやっぱり“炎上”でも大満足していた!?

 元貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が、8月29日放送の「伯山カレンの反省だ」(テレビ朝日系)に出演。“希望通り”のみごとな炎上を遂げている。

 花田は番組で、神田伯山とバンクシー展を鑑賞。花田が画家としても活動していることから、伯山にバンクシーの絵について問われると“影響力は10点満点”とし、「絵の素晴らしさとか緻密さっていうよりも、“情報で人を遊ぶ”っていうことをアーティストで初めてやった」と評価。さらに、バンクシーのアトリエを再現したブースを見学すると、「壁に文字を書く感じとかはオレのことマネてるなって…」と語り、そのコメントに伯山は「キタね、つらいロケだね」苦笑い。

 また、バンクシーの「キリスト・ウィズ・ショッピング・バッグズ」なる風刺画を鑑賞すると「これはあんまり好きじゃない。イエス・キリスト使っちゃうとルール違反感はありますよね」とし、伯山から「じゃあお前が“貴乃花”使うのとルール違反感は同じだよね?」と突っ込まれ、「それはみんな勝手に言ってること。使いたくないですよ。貴乃花っていう名前は。(自分も)名前出さないでテレビも出ないでやっとけばよかったかなって思うときあります」と花田。

 ロケ終盤には自身の絵を会場に置くようにせがまれた花田が即興でキャンバスに描画。「この国で靴作ることに対しての怒りを描きたかった」と、靴をバツ印で覆い“MAKE F○○king JAPAN”と入った作品を仕上げ、伯山が「靴を作れば作るほど日本がオレを責めてくる、叩くことに対してふざけんなっていうことを1枚の絵にしてるんでしょ?」と感想を述べると花田も同意。「これまた炎上するね」との指摘には「これ炎上することを求めています」と即答していた。

「ネット上ではこれに《いいから靴作ることに専念しとけ》《痛すぎる》など相変わらずの叩かれぶりですが、一方で《ポンコツぶりに笑った》《叩かれキャラがすうかり定着》とした意見も見られ、薄っぺらいバンクシー知識を突っ込まれ続けた花田も、何やら満足気に見えましたね。芸能活動では、すでに炎上キャラが心地よいものになっているのかもしれません」(芸能ライター)

 これからも謎の自信満々ぶりを見せてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
阿部華也子がいきなり「Eバスト」強調で騒然!人気陥落の焦りか?
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛