芸能

矢野浩二 8年間の「森田健作の付き人&議員秘書」時代で青春はなかった?

●ゲスト:矢野浩二(やの・こうじ) 1970年、大阪府生まれ。高校を卒業後に上京、森田健作の付き人を約8年務める。2000年、中国の恋愛ドラマ「永遠の恋人」の5人の主役級俳優の一人に抜擢されたのを機に、以後も「記憶の証明」「大刀」などに出演、中国の連続ドラマの常連に。06年からは「快楽大本営」など中国のバラエティー番組にも進出。13年、「ニューヨーク・タイムズ」と「CNN」ニュース特集で「中国で最も有名な日本人俳優」としてインタビューを受けた。16年から活動拠点を日本に移し、ドラマ「相棒」「ドクターX」(ともにテレビ朝日系)などにも出演。16年より続くシリーズドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)では鑑識課主任・武藤広樹役を演じている。出演したオムニバスドラマ「銀座黒猫物語」(カンテレ系)の第8話が、9月3日深夜に放送予定。TOKYO MXでは9月15日放送予定。

「中国で最も有名な日本人俳優」として米「CNN」や「ニューヨーク・タイムズ」紙も注目する矢野浩二。しかし、最初に飛び込んだのは中国ではなく、青春スター森田健作のもとだった。そこで待っていた思いがけない仕事とは? 紆余曲折の人生を天才テリーに語り尽くした!

テリー 矢野さんはCNNに「中国で最も有名な日本人俳優」として取材を受けたことがあるんですね。

矢野 そうですね、本当に一番かはわからないですけど(笑)。いろいろ取材は受けさせていただきました。

テリー 生まれは大阪ですが、役者に憧れて上京したんですか。

矢野 いや、憧れはなかったですけど、高校卒業後に東大阪市のスナックで働いてたら、常連のお客さんに「こうちゃんみたいな若い人は、東京でも行って役者になったらどうや」と言われて。めちゃくちゃ不純な動機で出てきました。

テリー そうなんだ。

矢野 それで上京して、アルバイトをしながら養成所に通ってたんですけども、鳴かず飛ばずだったので、どなたかの付き人をやろうと思って。それで、たまたま「森田健作の熱血テレビ」(91年4月~9月、テレビ朝日系)というワイドショーを見て「あ、この人に付こう」と。それから8年間、森田健作の付き人をやってました。

テリー MCの森田さんを見てって、珍しいですよね。青春ドラマを見てとかならわかりますけど。

矢野 たぶん僕ぐらいでしょうね。年代も違いますし。リアルタイムではないですが、青春ドラマは見てましたけどね。

テリー あ、そう。「おれは男だ!」(71年~72年、日本テレビ系)とか? 青葉高校・剣道部の小林弘二ね。

矢野 そうですね。僕、10回ぐらい芸名を変えてるんですけど、一時期、同じ「矢野弘二」でやってました。

テリー 僕、実は今、森田健作と超仲いいんですけど、確かその頃だと、すぐ国会議員になりますよね。

矢野 そうなんですよ。初めて当選されたのが92年の参議院選で。僕が付き人になって、1年後です。

テリー じゃあ、付き人というか、議員秘書みたいな?

矢野 秘書兼運転手ですね。秘書の通行証みたいなものをもらって、議員会館はフリーパスでしたから。

テリー その時、やめようとは? だって役者になりたかったわけで、永田町は関係ないでしょう。

矢野 最初はTシャツにジーパンだったのに、いつの間にかスーツにネクタイで運転していて、「俺、こんなはずじゃなかったのに」とは思ってましたね。ただ、森田さんに付こうと決めたのは自分だし、職種が変わっても、やっぱりこれは続けるべきかなと、自分を納得させてました。

テリー でも、議員の付き人をやっても役者にはなれないでしょ。

矢野 まぁ、休みの日も森田さんの部屋の掃除とか、お子さんのお守りとかしてましたから。真夏に森田さんの家の雑草抜きを、森田さんと2人で黙々とやったり。「俺はなんで雑草抜いてるんや!」って(笑)。

テリー 思うよね。それは森田さんに言ったの?

矢野 いえ、とにかく森田さんの前では、与えられた仕事をきちんとやろうと。もう、20代に青春はなかったです。

テリー そうか。森田さんはずっと青春なのに(笑)。

矢野 そうなんですよね。でも、尽くした僕に青春はなかったです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」