芸能

波瑠 女王様・鈴木京香も虜にした神対応(1)当初のピリピリとした雰囲気が一変

 現在放送中のドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」に出演中の波瑠(29)。鳴り物入りでスタートしたものの、相手役が女王様女優の鈴木京香(52)だっただけに、周囲もビクビク。ところがそんな懸念を払拭する「神対応」で、早くもシリーズ化間違いなしと評判になっているのだ。

 テレビ朝日関係者が語る。

「実はこのドラマ枠では当初、『ドクターX』の最新シリーズがスタートする予定だったんです。ところが、米倉涼子が事務所から独立することが決定。新型コロナの流行がなければ渡米する予定だったので、急遽、白羽の矢が立ったのが『未解決の女』だった。しかし当初、主演の鈴木京香と波瑠のバディ(相棒)ものだっただけに、二人のバチバチのバトルが危惧されたんです」

 ドラマではW主演とはいうものの、俳優陣の序列としては鈴木が1番手で、波瑠は2番手。しかし、視聴率の上からは、明らかに波瑠に対する期待の大きさがうかがえるキャスティングだった。制作関係者が明かす。

「もともと、番組自体は2年前に特番として放送されたもの。視聴率こそよかったんですが、連続ドラマとして放送するのは不安があった。というのも、主演の鈴木は『あくまで自分が座長』というほどプライドが高く、現場で波瑠を同格扱いにはしにくい。鈴木は他人の演技にも演出上の注文を出すタイプなので、共演する時間が長い波瑠がターゲットにならないか、ヒヤヒヤものだった」

 ところが──。

「顔合わせをしてセリフ合わせの段階でも、波瑠がまるで新人のように真っ先に鈴木のもとに挨拶に行ったり、ちょっとした注文にも笑顔でツッコミを入れたりする神対応で、当初のピリピリとした雰囲気が一変。しかも、リハーサルなどでは常にフェイスガードをしている波瑠が天然で、そのまま本番に臨もうとしてスタッフにツッコミを入れられたり。鈴木もそんな姿に微笑を浮かべるなど、波瑠の主演とは思えない平身低頭ぶりに、女王様のドS調教もすっかり影を潜めていますよ」(制作関係者)

 さらには、鳴り物入りドラマの主演といえば、番組の宣伝が欠かせない。本来なら座長である鈴木が担うはずの役回りも、波瑠が全面的に「広告塔」を担ったことで、ますます女王様のご機嫌が麗しくなったと、もっぱらなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」