芸能

波瑠 女王様・鈴木京香も虜にした神対応(1)当初のピリピリとした雰囲気が一変

 現在放送中のドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」に出演中の波瑠(29)。鳴り物入りでスタートしたものの、相手役が女王様女優の鈴木京香(52)だっただけに、周囲もビクビク。ところがそんな懸念を払拭する「神対応」で、早くもシリーズ化間違いなしと評判になっているのだ。

 テレビ朝日関係者が語る。

「実はこのドラマ枠では当初、『ドクターX』の最新シリーズがスタートする予定だったんです。ところが、米倉涼子が事務所から独立することが決定。新型コロナの流行がなければ渡米する予定だったので、急遽、白羽の矢が立ったのが『未解決の女』だった。しかし当初、主演の鈴木京香と波瑠のバディ(相棒)ものだっただけに、二人のバチバチのバトルが危惧されたんです」

 ドラマではW主演とはいうものの、俳優陣の序列としては鈴木が1番手で、波瑠は2番手。しかし、視聴率の上からは、明らかに波瑠に対する期待の大きさがうかがえるキャスティングだった。制作関係者が明かす。

「もともと、番組自体は2年前に特番として放送されたもの。視聴率こそよかったんですが、連続ドラマとして放送するのは不安があった。というのも、主演の鈴木は『あくまで自分が座長』というほどプライドが高く、現場で波瑠を同格扱いにはしにくい。鈴木は他人の演技にも演出上の注文を出すタイプなので、共演する時間が長い波瑠がターゲットにならないか、ヒヤヒヤものだった」

 ところが──。

「顔合わせをしてセリフ合わせの段階でも、波瑠がまるで新人のように真っ先に鈴木のもとに挨拶に行ったり、ちょっとした注文にも笑顔でツッコミを入れたりする神対応で、当初のピリピリとした雰囲気が一変。しかも、リハーサルなどでは常にフェイスガードをしている波瑠が天然で、そのまま本番に臨もうとしてスタッフにツッコミを入れられたり。鈴木もそんな姿に微笑を浮かべるなど、波瑠の主演とは思えない平身低頭ぶりに、女王様のドS調教もすっかり影を潜めていますよ」(制作関係者)

 さらには、鳴り物入りドラマの主演といえば、番組の宣伝が欠かせない。本来なら座長である鈴木が担うはずの役回りも、波瑠が全面的に「広告塔」を担ったことで、ますます女王様のご機嫌が麗しくなったと、もっぱらなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
3
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!