芸能

本家より盛り上がる!「オール女子アナ党」総裁選(2)テレ朝は弘中綾香の一強だが…

 一方、視聴率で日テレ派を猛追するのが「テレ朝派」だ。

「竹内由恵(34)、小川彩佳(35)、宇賀なつみ(34)ら人気アナが続々と去って『無派閥』となり、弘中綾香アナ(29)の独走状態ですね。今や弘中アナは『テレ朝専属タレント』と呼ばれるほどで、出演番組の演出についてスタッフに進言するほど発言権を強めています」(テレビ朝日関係者)

 怪文書が出回るのも選挙戦の常。出すぎる弘中アナのふるまいを指摘する向きもある。

「テレ朝がYouTubeで配信している女子アナ出演動画を『セクハラ企画』として、プロデューサーらに告発したんです。すると局内で『越権行為ではないか』と反発も生じました。これまで弘中アナと親しく『イケメン子分』と呼ばれていたスタッフたちの中には、若手のホープ・斎藤ちはるアナ(23)の支持に『鞍替え』する動きもあるんですよ」(テレ朝関係者)

 派閥内で意思統一がなされていないのか。それでも山折氏は弘中アナの擁立を推す。

「『オール女子アナ党』内でも、トップクラスの人気であることは疑いない。また、最近の弘中アナは『あざとくて何が悪いの?』で共演する無派閥の大物、田中みな実(33)の大きな影響を受け、自身も独立に意欲を見せています。テレ朝派にとって弘中アナの離脱を防ぐためにも、引き続き影響力を行使できるよう出馬を勧めるのではないか。若い斎藤アナとしては、『今、出馬するのは時期尚早』と考えているに違いない。自民党総裁選に不出馬を決めた小泉進次郎氏と同じ立ち位置ですよ」

 テレ朝以上に、派閥内でモメにモメているのが「TBS派」。あまりの乱戦ぶりに同局関係者がしきりに嘆く。

「TBSでは、長年エースとして活躍してきた江藤愛アナ(34)をあまりに酷使しすぎてきたため、『そろそろ休ませるべき』との声が噴出している。結果、昨年あたりから『ポスト江藤』となる『20年代のエース候補』を探る動きが進んでいるのですが、局内での意見が三分裂しているんです。今、現場スタッフ間で最も支持されているのは宇内梨沙アナ(28)。彼女は、下っ端のADに対してもものすごくていねいに接することで有名なんです。一方で『アナウンス部の女帝』と呼ばれる長峰由紀アナ(57)がポスト江藤の期待を寄せているのは、田村真子アナ(24)。長峰アナいわく『田村さんには今の私の年までTBSに残ってほしい』とのことなんですよ」

 派閥内を把握、調整する「フィクサー」が後ろ盾となれば心強いだろう。しかし、ポスト江藤の候補は他にもいるというのだ。

「局の上層部は『news23』の山本恵里伽アナ(26)を猛烈にプッシュしていて『誰を選んでも角が立ってしまう』と現場を悩ませているんです」(TBS関係者)

 TBS派には、候補者を出せずに断念する実情があったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」