芸能

「有吉の壁」、薄幸とあいなぷぅの肌見せネタに「歓声」と「疑問」!

 これがテレビにおける女性芸人の現実なのか。9月9日放送の「有吉の壁」に疑問の声が寄せられているようだ。この日は東京郊外のスーパー銭湯が舞台に。出演芸人の多くが男性とあって男性風呂でのシーンが多いなか、女性風呂で披露されたネタもあった。

 アカスリ処を舞台にしたネタでは、納言・薄幸がカラダにバスタオルだけを巻いた入湯客の役で登場。Gカップバストの盛り上がりも露わに施術台に横たわると、アカスリ師に扮したジャングルポケットが施術すると見せかけて、“どこにも効かないエクササイズ”を披露するというものだった。ネタ中で薄幸は「何してんだよ!」「アカスリしろよ」と文句を付けるものの、基本的にはただ横たわっているだけだったのである。

 次のネタでは男女コンビのパーパーが登場。これまたマッパにバスタオルだけのあいなぷぅが「女湯に男の人がいる!」と叫ぶと、そこには「最後の雨」を熱唱する歌手の中西保志に扮した相方のほしのディスコが。

 びしょびしょになりながら歌うほしのに「私、大ファンなんです!サインもらっていいですか?」と、あいなぷぅは背中を差し出して素肌にサインをもらっていた。

「二つのネタに共通しているのは、女性芸人が『素肌を見せる入湯客の役』だったこと。こういった役目は肌見せを本業とするグラドルが担うことも多いのですが、薄幸もあいなぷぅも男性人気が高いので、自ら演じることになったのでしょう。カラダを張ることは芸人として大事な要素の一つですが、今回は二人の役をグラドルが演じてもネタは成立していたはず。もちろん彼女たちがこのネタに積極的だったのであれば外野が否定するのはナンセンスな話ですが、本心はどうだったのかは疑問なところです」(芸能ライター)

 パーパーのネタを見たMCの有吉弘行は「これくらいカラダ張らないと満足できない。こっちも変なカラダになってきちゃった」と述懐していた。女芸人に肌見せを求めることが正解なのかどうか、これから議論が深まっていくのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」