芸能

「魔女」は不参加?テレ東・大食い女王決定戦は参加者一新の異常事態

 テレビ東京の人気看板バラエティ番組「大食い女王決定戦」が久しぶりに放送されることが発表され、大食いファンの期待が高まっている。

「大食いは18年より前は女王戦だけでなく、オープン戦や国別対抗戦など頻繁に放送されていました。ところが18年からは放送が激減。理由は番組スタッフと出演者とのトラブルだと言われています。その証拠に18年9月に放送された回からはテレ東のスタッフが一新されています」(テレビ誌ライター)

 そんな過去があるだけに、放送決定はファンにとってほっと胸をなでおろしたくなる吉報になった。だが、どうやら喜んでばかりもいられないようだ。番組のHPを見ると、出場者がほぼ一新されていると思われるのがその理由である。

 女王戦の代表的なメンバーといえば、アイドルのもえのあずき、「魔女」と呼ばれる菅原初代、ロシアン佐藤、アンジェラ佐藤、「はらぺこツインズ」こと小野あこ、かこ姉妹が挙げられる。だが、番組HPに掲載された写真を見ると、誰1人として写っていないのだ。

「写真は司会の高橋みなみとジャイアント白田を最前列に、後ろに出場者たちがソーシャルディスタンスを保ちながら並んでガッツポーズをしています。いわゆる番組告知用の決めカットですね。その中に先に挙げた彼女たちはいません。メンバーを一新して新たな歴史を作ろうということなのでしょうか。またスタッフと出演者の間でトラブルが起きたのでなければいいんですが…。心配ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 もう1つ可能性として考えられるのは、昨年放送された「大食い女王決定戦 2019 平成から令和へ…最強女王達の頂上決戦!」のシステムが採用されること。この回は予選を勝ち抜いた1人が、菅原初代、アンジェラ佐藤、もえのあずき、ロシアン佐藤の大食い四天王の中から1人を指名してタイマン勝負する方法が採られた。今回も写真に写っている出場者の中から挑戦者を選び、もえあずたちと対戦するシステムなのかもしれない。

「昨年のこの回はとても不評でした。四天王は指名されないと大食いをする機会すら与えられないからです。しかも指名された四天王は1回勝つだけで女王になれてしまうという首をひねりたくなるシステム。さすがに採用しないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 女王戦は歴史の新たな1ページをめくるのか。それともまたしても批判されるのか。放送は10月2日。この日、真実が明らかになる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張