スポーツ

中畑清が動画で振り返った「最愛の妻」故・仁美夫人への「プロポーズの思い出」

 中畑清氏。1975年にドラフト3位で巨人に入団、89年のシーズンオフに引退するまで、巨人一筋で活躍してきた。その後、2004年にはアテネオリンピック野球日本代表の監督代行を務め日本代表を銅メダルに導くと、2012年には横浜DeNAベイスターズの初代監督に就任しているのだが、この「2012年」は監督就任以上に、中畑氏にとって大きな事件があった。

 シーズンオフに最愛の妻、仁美さんを59歳という若さで亡くしているのだ。日頃明るい中畑氏が、当時、目を真っ赤にして「オレが踏ん張って、お母ちゃんに2度ぼれしてもらえるように頑張ろうと思う。オレの人生の監督だった」と絞り出すようにコメントしていたのを思い出す。

 そんな中畑氏が、テレビ東京が運営するYouTubeのスポーツチャンネル〈テレビ東京スポーツ〉に出演、去る9月30日投稿〈中畑清 即決!契約金2000万円の使い道【キヨシの超本音解説】〉で、仁美さんへのプロポーズの思い出について語った。

 番組冒頭、巨人入団時の契約金、2000万円の使い道についてスタッフに問われた中畑氏は、1700万円を父親の借金返済にあて、300万円を結婚資金に残しておいたと答えた。

 学生時代に知り合った仁美さんとは早々に結婚の意思があったようで、75年のドラフト終了後、北海道拓殖銀行にも内定を得ていたことから、「北海道に行ってくれるか?」がプロポーズの言葉だったと振り返った。結果はプロの道を選んだ中畑氏だが、仁美さんはほとんど野球を知らない人で、またその家族も巨人という球団すら知らないほどだったと当時を思い起こしたかのようにほほ笑み、「もうついていくしかないという古いタイプの人だったから…」と、中畑氏の決断に従ってくれたと懐かしんだ。

 中畑氏としては、監督として胴上げされた姿を仁美さんに見せたかったことだろうが、12年のDeNAは6位。その後も5位、5位、6位の成績でユニフォームを脱いでいる。

 空から見守る仁美さんのためにもと、中畑氏が球界復帰することは、果たしてあるだろうか?そんなことも考えさせられた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…