芸能

天才作曲家・筒美京平はなぜ、松田聖子に楽曲を書かなかったのか?

 昭和を代表する作曲家・筒美京平さんが10月7日、誤嚥性肺炎により80歳で亡くなっていたことが報じられた。そのヒット曲の多さは天文学的と呼ぶしかなく、68年にいしだあゆみに提供した「ブルー・ライト・ヨコハマ」が自身初のミリオンセラーになると、79年にはジュディ・オングの「魅せられて」、80年には近藤真彦の「スニーカーぶる~す」でも100万枚を突破する。さらに歌謡界最大の栄誉だった日本レコード大賞は71年に尾崎紀世彦の「また逢う日まで」、そして79年の「魅せられて」でも頂点に立つことになる。

 膨大なヒット曲を数え上げればきりがなく、シングルの累計で7500万枚を超える作曲作品の売上げは、今後も二度と破られない不滅の記録だ。ただ、そんな巨人をもってしても一度も組むことがなかったトップ歌手が、今年デビュー40周年を迎えた松田聖子である。厳密に言えば山口百恵も中森明菜も「筒美京平作品」はないが、2人の音楽の方向性からいけば、さほど不思議ではない。ただ、洋楽をベースとしたポップスの作り手である筒美氏にとって、聖子との親和性は十分だっただけに、なぜ組まなかったのかと謎は残る。

 その疑問に、聖子を執念でデビューにこぎつけさせ、当時の記録である「シングル24作連続オリコン1位」をもたらした若松宗雄ディレクター(当時)が意外な回答をした。

「デビュー曲は筒美さんを考えていたよ。ただ、同じCBS・ソニーの社内にあって、酒井政利さんと筒美さんの関係を考えたら、そこに入っていく感じではなかった」

 酒井氏は昭和を代表する音楽プロデューサーであり、南沙織や郷ひろみなど筒美氏とのタッグは盤石。聖子デビューの前年には、くすぶっていたジュディ・オングに筒美氏の作曲による「魅せられて」で大ヒットを記録させている。筒美氏への作曲依頼がかなわないと感じた若松デイレクターは、新進の小田裕一郎を起用し、デビューからの三部作「裸足の季節」「青い珊瑚礁」「風は秋色」と連続ヒットさせ、さらに作詞には松本隆を固定させた。その後も作曲陣には財津和夫、松任谷由実(呉田軽穂名義)、細野晴臣、尾崎亜美、佐野元春、大江千里と、歌謡界の大御所に頼ることなくシングル1位を重ねた。

 その判断に何ら間違いはなく、また今となっては実現も不可能になった。それでも、デビュー時に可能性がゼロではなかっただけに、筒美氏の作品を歌う聖子を一度でいいから見たかったと思う歌謡ポップスファンは少なくないはずだ。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
4
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”
5
千原ジュニア・杉本哲太は和解してない?「タクシー乗り継ぎ旅」に浮上した謎