芸能

伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

 若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。

「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣を着た悪魔』(キノフィルムス)では伊藤健太郎の妻役、13日公開の『ホテルローヤル』(ファントム・フィルム)では物語のキーパーソンである“自称ホームレス女子高生”を演じています。子役時代からドラマや映画で主人公の仲の良いクラスメイトやいじめっ子を演じる機会に恵まれていました。ほとんどがその他大勢の脇役でしたが、特徴的な声を聞けば 『この子出てたね』と思い出す女優です」(女性誌編集者)

 子役から積み上げてきた出演作品数は数知れず。積み上げてきた経験値は業界内でも評価が高く、6月1日には放送文化の向上に貢献した個人や団体に贈られる「第57回日本ギャラクシー賞」を受賞。最近では「いいね!光源氏くん」(NHK)で等身大のOLを演じて話題になるなど、今や実力派若手女優の筆頭株なのである。「子役出身者は大成しない」というジンクスをみごとに吹き飛ばした実力はなみなみならぬ努力と“ストイックさ”から生まれたもののようだ。

「作品のためであれば脱ぐことを惜しみません。17年公開の映画『獣道』(サードウィンドウフィルムス)では形の良いバストトップを披露した艶演技に挑戦しています。この時、アエギ声を出すためにボイストレーニングに通ったエピソードは有名です」(前出・女性誌編集者)

 作品の脇を固めるだけでなく11月13日公開の映画「タイトル、拒絶」(アークエンタテイメント)では夜のサービス嬢たちの世話人役で主演に抜擢。もはや役者人生の絶頂期を迎えつつある伊藤だが、

「評価されているのは演技力だけではありません。ヒップホップダンスの実力はピカイチで、子役時代に出演した『女王の教室』(日本テレビ)のエンディングではダンスを披露するシーンがあるほど。また、同ドラマではBoAの『DO THE MOTION』を歌唱するシーンもありましたが、子役とは思えない大人びた歌唱力には度肝を抜かされた記憶があります」(前出・女性誌編集者)

 過去にはヒップホップグループ「餓鬼レンジャー」と組んだユニット「餓鬼連合」として歌手デビューを果たしている伊藤。いつの日か、ラップ調に心地よいハスキーボイスをメロディーに乗せて披露する姿も見てみたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権