芸能

小林麻耶、「番組降板と退社」4日後に「コント動画」配信で深まる謎!

 11月12日に「グッとラック!」(TBS系)を降板したことが判明した小林麻耶。10月1日から毎週木曜日に放送されている同番組のファッションコーナーの進行役を担当していたのだが、同日の放送に出演せず。さらに生島ヒロシが会長を務める「生島企画室」が所属していた小林を契約解除したことを発表。11月13日放送の「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(TBSラジオ)に出演した生島は「今日はですね、これは避けて通れないと思うんですけど、スポーツ新聞にそれぞれ表現は違うんですが、我々の事務所としては解除しましたので、終了しましたので、小林麻耶さん」と切り出すと「かなり厳しい表現の見出しもありますけれども、なかなか正常なマネジメント業務が難しくなってしまったということで、契約終了ということになってしまいました」と説明した。

「関係者によると、小林の夫で整体師の國光吟氏が小林の仕事に対し『神のお告げにより、それはやらないほうがいい』などと指摘するようになったことが、今回の番組降板および事務所契約解除を招いたのだとか」(女性誌記者)

 夫の國光氏もタレントの「あきら。」として小林と同じ生島企画室に所属していたが、今回、小林とともに契約解除となっている。

「2人は11月12日の早朝6時にユーチューブで動画を生配信。『グッとラック!』のファッションコーナーのスタッフから『いじめを受けていた』から11月10日のロケに参加しなかったと釈明。しかしTBS側はいじめについて『事実ではない』と否定。ところがこの生配信で小林は、生島企画室の社長とプロデューサーの実名を挙げ『いじめから守ってくださらなかった○○社長、そして番組降板を突然言い渡し、今日(12日)生出演をさせないという判断をくださりました○○さん、ありがとうございました』と、皮肉交じりに感謝の意を表明。そんな小林の隣で夫の國光氏がほほ笑みを浮かべながらスマートフォンで視聴者の反応をチェックしている様子は、ちょっと異様でした」(前出・女性誌記者)

 11月3日からユーチューブで「コバヤシテレビ局」として早朝を中心に生配信している小林と國光氏。番組降板騒動の翌13日には、2人で瞑想し続ける姿、そして16日には、夫と喧嘩したかと思わせて、最後にドッキリだった、という内容の「コント」動画を配信。一連の言動の真意、真相について、謎は深まるばかりだが、配信も含め、今後の小林の言動はしばらく注目されていくこととなるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方