芸能

桜塚やっくんはお笑い界の隠れたフィクサーだった?

 10月5日に山口県の中国自動車道で乗っていた車が事故を起こし、さらに後続車に跳ねられて心臓破裂という壮絶な死となったタレントの桜塚やっくん(享年37)。11年の震災直後には示談に終わったはずの女性トラブルが発覚し、以降、テレビに出ることはほとんどなくなっていたが、それでもトップニュースとして全国に衝撃を与えている。

 そんなやっくんの大ブーム期は、あまりのファンの嬌声や、観客をいじって笑いを取るというスタイルに、一部のお笑いマニアや評論家筋から厳しい声が出たのも事実。ではあるが、不思議と芸人仲間からの悪口は聞こえてこない。

「それはやっくん自身が誰よりもお笑いが大好きだったからですよ」

 都内でお笑い劇場を仕切るプロデューサー・T氏の弁。やっくん自身の出番前や終わった後は、いつも舞台袖で新人たちのネタを熱心に見ていたという。

「ハマカーンの浜谷健司は無名時代に同じ場所でティッシュ配りのバイトをやっていたし、小島よしおは誰よりも先にやっくんが『こいつはすごい!』とアピールして回っていた。彼のプッシュが売れるきっかけになった芸人は、10組や20組じゃきかないほど」(前出・T氏)

 女性トラブルでテレビ出場の機会がなくなると、被災地を中心に若手の芸人たちを引き連れて出張公演。自身の知名度を利用し、若手たちにギャラを与える機会を何度となく作った。

 この先も、空から「次のブレイク候補」を見つめることだろう、合掌──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声