女子アナ

フジテレビ三上真奈アナ「日本酒1升飲んでも平気な“フジNO1酒豪素顔”」

20131031g

 10月からスタートする「ミカパン」で抜擢された三上真奈アナ(24)。愛くるしいお嬢様フェイスで早くも人気爆発の予感だが、その素顔はまさに男顔負けの豪傑なのだ。

「もともと彼女は太りやすい体質で、就職の時期には必死にダイエットしていました。たぶん、10キロぐらいは痩せたんじゃないかな。とにかく酒豪で、酒を飲むと日本酒から何からちゃんぽんでとことん飲むタイプ。最後には周りが音を上げるほどで、本人いわく『1升でも平気』とケロリとしていましたね」

 こう語るのは、三上アナの早稲田大学時代の同級生だ。

 新番組のお披露目の取材会で番組プロデューサーから「ビール、日本酒が大好き」とバラされたほどの酒豪。2歳から12歳まで中国で育ってきただけに、紹興酒はもとより、アルコール度数50度のマオタイに挑戦したことすらあるという。

「ルックスは女性的ですが、学生時代はパンツルックがほとんどでセクシーさは皆無(笑)。色もモノトーンや淡い感じの服が多くて活発的なイメージ。女子アナになって、ようやくスカートをはくようになったと言っていたほどです」(前出・同級生)

 学生時代から芸能事務所に所属し、レポーターとして活躍。また大学在籍時には東京都中央区の「ミス中央」に選ばれた才媛だが、フェロモンはまだ熟成しきれていないようだ。

 女子アナウオッチャーもこう語る。

「お披露目となった記者会見では、ミニスカート姿も見せて『加藤さんのようなセクシーな衣装だったら似合わないからどうしようと思っていました』と話していたが、彼女の場合、セクシーハプニングが多いのも特徴です。9月にはレギュラー出演している『めざましじゃんけん』で胸元のざっくり開いたブラウスを着たまま前かがみになり、谷間からピンクのブラが見えてしまう“放送事故”があった。また別の番組のロケでは、弓にチャレンジして、大股を開いた瞬間に風が吹いて、パンティが見えそうになった事件もありました。新人としては異例のハイペースです(笑)」

 だが、三上アナのお色気場面は今後も期待できそうだという。

 さるカメラマンが証言する。

「ミカパンは、すぐに股を開く癖があるみたいで、公開収録などでは、パンツスタイルだと、そのまま脚をおっぴろげてしまう。たぶん、女性的なフェミニンな服を着慣れていないせいか、すぐパンチラや胸チラをしてしまうんです」

 酒癖はともかく、まずはパンチラ対策はあえてせずに、伸び伸びと教育していただきたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」