スポーツ

田尾安志、「プロ野球ニュース」キャスター就任を決断させた意外な人物とは?

 元プロ野球選手・田尾安志氏。1991年にユニフォームを脱いでいるが、その爽やかなルックスと小気味よい語り口から、92年春には、スポーツの情報を提供するテレビ番組「プロ野球ニュース」(フジテレビ系)のキャスターを務めている。

 当時フジテレビの局アナだった中井美穂や小島奈津子らと肩を並べ、番組の顔となっていたのも懐かしく思い出されるが、このキャスターへの就任に、実は陰でアドバイスする人があったことを、田尾氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉で明かした。

 1月10日に〈【引退】現役を引退したその時!何を思い、何を感じていたのか?〉とタイトルをつけた投稿回がそれだ。

 引退直後、日本テレビから野球解説者のオファーを受けていたと語る田尾氏。その後、フジテレビからキャスターの話も舞い込んだのだが、出演料は大差なく、どちらにしようか決めかねていたそうだ。

 そこに、「いち解説者とキャスターとでは違うぞ。キャスターのほうが画面に出る度合いも多い。まわりの見る目も違うんだよ」とアドバイスしたのは、かねてより交流のあった、シンガーソングライター・タレントのさだまさしの弟であり、さだが所属する芸能プロダクション「さだ企画」の社長も務める佐田繁理(さだしげり)氏であったと言い、それが縁で、佐田氏にお世話になったとも田尾氏の口から明かされている。

 田尾氏現役引退後の「人生の決断」のきっかけとなったのが、さだ兄弟だったとは…何とも意外な交流関係が知らされる、興味深い話だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上