芸能

杉咲花、「おちょやん」での早口な大阪弁に「中毒者」が続出!?

 現在放送中の杉咲花主演のNHK朝ドラ「おちょやん」。昨年の暮れの放送では、父・テルヲ(トータス松本)の借金のせいで千代(杉咲)は奉公先の芝居茶屋「岡安」を辞めて道頓堀を出奔。

 年明けの放送からは、京都にたどり着いた千代がカフェで住み込みの女給をしながらやがて女優の世界を目指すという「京都編」がスタートした。

「千代が働くのは『カフェー・キネマ』という映画好きの男性が店長の店。女優を目指しながら働く女給たちも多く、そこで千代は東京から来た映画会社の社長と名乗る男性からスカウトされるという展開から始まりました」(芸能ライター)

 男性は、みずからが構想するストーリーを語り「ぜひ姫君役を」と千代を説得。ちゅうちょしてその申し出を断る千代は、「何がなんやらようわからへん!」とコーヒーを一気に飲み。

 そこからがスゴイ。

「そやかてなぁ、うち今日の朝まで大阪にいてましたんやで! 生まれて初めて京都に来てここで働かしてくれなはれ言うて、ここで女給として頑張る思った時に女優になれへんかて」

「そんなやすやすと女優になれるわけがあらへん、そやけど女給かてそんな楽なもんやあらへんわな。そら女給よりは女優のほうが? 女優よりは女給のほうが? じょ…女優?女給でというか?」

 こんなふうに時に混乱までしながら早口でまくしたてるシーンが登場。この早口の大阪弁が評判となりネットには「杉咲花ちゃんの大阪弁、ほんまに長い早口のセリフでも完璧」「今日の女優が女給? の早口すっごくよかった」など、絶賛コメントが殺到した。

「杉咲は、この役を演じるにあたり大阪弁の指導を1年間受けています。今回の朝ドラは『大阪のお母さん』と呼ばれ親しまれてきた喜劇女優・浪花千栄子さんがモデル。杉咲は、浪花さんのラジオ音源や過去の作品も参考にして大阪弁の勉強に励み、『ものすごく早口だなとラジオを聞いた時に思いました。でも全部の言葉がちゃんと聞き取れる』と驚いていました」(スポーツ紙記者)

 ネット上では、杉咲花の大阪弁がネイティブすぎると、早くも驚きの声が上がっている。千代が喜劇女優として成長していく姿とともに、杉咲の大阪弁にも注目したい。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場