芸能

杉咲花、「おちょやん」での早口な大阪弁に「中毒者」が続出!?

 現在放送中の杉咲花主演のNHK朝ドラ「おちょやん」。昨年の暮れの放送では、父・テルヲ(トータス松本)の借金のせいで千代(杉咲)は奉公先の芝居茶屋「岡安」を辞めて道頓堀を出奔。

 年明けの放送からは、京都にたどり着いた千代がカフェで住み込みの女給をしながらやがて女優の世界を目指すという「京都編」がスタートした。

「千代が働くのは『カフェー・キネマ』という映画好きの男性が店長の店。女優を目指しながら働く女給たちも多く、そこで千代は東京から来た映画会社の社長と名乗る男性からスカウトされるという展開から始まりました」(芸能ライター)

 男性は、みずからが構想するストーリーを語り「ぜひ姫君役を」と千代を説得。ちゅうちょしてその申し出を断る千代は、「何がなんやらようわからへん!」とコーヒーを一気に飲み。

 そこからがスゴイ。

「そやかてなぁ、うち今日の朝まで大阪にいてましたんやで! 生まれて初めて京都に来てここで働かしてくれなはれ言うて、ここで女給として頑張る思った時に女優になれへんかて」

「そんなやすやすと女優になれるわけがあらへん、そやけど女給かてそんな楽なもんやあらへんわな。そら女給よりは女優のほうが? 女優よりは女給のほうが? じょ…女優?女給でというか?」

 こんなふうに時に混乱までしながら早口でまくしたてるシーンが登場。この早口の大阪弁が評判となりネットには「杉咲花ちゃんの大阪弁、ほんまに長い早口のセリフでも完璧」「今日の女優が女給? の早口すっごくよかった」など、絶賛コメントが殺到した。

「杉咲は、この役を演じるにあたり大阪弁の指導を1年間受けています。今回の朝ドラは『大阪のお母さん』と呼ばれ親しまれてきた喜劇女優・浪花千栄子さんがモデル。杉咲は、浪花さんのラジオ音源や過去の作品も参考にして大阪弁の勉強に励み、『ものすごく早口だなとラジオを聞いた時に思いました。でも全部の言葉がちゃんと聞き取れる』と驚いていました」(スポーツ紙記者)

 ネット上では、杉咲花の大阪弁がネイティブすぎると、早くも驚きの声が上がっている。千代が喜劇女優として成長していく姿とともに、杉咲の大阪弁にも注目したい。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
2
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
3
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
4
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
5
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!