芸能

古市憲寿の軽口が火種?東スポにまで乗り込んだ落合陽一の意外な“人間味”

 メディアアーティストや研究者など多様な活動で知られる落合陽一氏と、コメンテーターの古市憲寿氏という、意外なバトルが話題となっている。

 コトの経緯はこうだ。落合氏が菅義偉総理と会食したニュースに対し、古市氏が「テレワークを呼びかける側の政治家の代表とデジタルに詳しい2人が対面でご飯を食べているんだなって、すごい笑っちゃったんですけど」などといつもの調子でコメント。

 すると落合氏がツイッターで「社会学者の『クソ大学院生』にディスられる事態が発生」などと連続投稿を開始。さらに、落合氏はこの経緯を報じた東京スポーツに対してもブチ切れたようで、最終的に東スポ編集部まで乗り込んで記事を削除させたのだ。

 落合氏の父親は、「スーパードライ」のCMで一世を風靡した落合信彦氏。そんな大物国際ジャーナリストの息子でもある陽一氏が、堂々とメディアに乗り込むとは驚きだが、不思議なのは、東スポ側がなぜこうもあっさりと記事の削除に応じたのかという点だ。記事を読む限り、両者のやり取りをそのままレポートしただけで、得意のファンタジーですらなかったのだが…。

「落合氏は業界大手のワタナベエンターテインメントに所属していますが、今のところワタナベエンタが動いた形跡はなく、忖度したわけではなさそうです。その後のツイートを見ると、どうやら編集部に乗り込んだ際に動画を撮影していたようですから、編集部としては面倒を避けて削除に応じたという程度のことでしょう」(東スポ関係者)

 ちなみにさすがというべきか、落合氏のツイートには直接、古市氏の名前は書いていないのだが、タイミングや内容を見れば古市氏のことを書いているのは誰が見ても容易に推測できる。

 いずれにせよ、メディアではクールに見える落合氏の意外な“人間らしさ”が垣間見えた一件だったとはいえるだろう。(松本大祐)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?