スポーツ

王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕

 元プロ野球選手、高橋慶彦氏。選手としては主に広島カープに籍を置いていたが、引退後は1995年と96年に福岡ダイエーホークスで一軍打撃・走塁コーチを務めた。95年は王貞治氏が監督に就任し、今の最強軍団・ホークスを産み出す元年であった。

 そんな高橋氏が、自身のYouTubeチャンネル「カープよしひこチャンネル」で、ダイエーコーチ時代に王監督に激怒された“死球”にまつわる過去のエピソードを明かした。

 1月8日に〈【王貞治監督大激怒事件】王さんが慶彦さんに激怒した事件の真相を語ります【金本知憲】【福岡ダイエーホークス】〉とタイトルをつけた投稿回がそれで、「対日本ハム戦」における話のようだ。

 あまりに被死球と危険なスライディングが多かったことから、高橋氏は「仕返しに…」とダイエーのピッチャー、故・藤井将雄氏に、日本ハムの1番打者、ロブ・デューシー氏に死球の指示を出したのだそうだ。コーチの指示に選手は逆らえない。藤井氏はマジメな性格から、あからさまに初球で当ててしまい、乱闘騒ぎを起こしたのだが、これは王監督のマジメな人柄を考慮して内緒で行われたものだったため、「まあ王さんに怒られた怒られた。激怒したもん…」と高橋氏は苦笑して振り返ったのだった。

 仕返しに死球とは、子どもへの教育上にもよろしくない話だが、90年頭あたりまでは死球のサインもあったと、元プロ野球選手、佐々木主浩氏も清原和博氏のYouTubeチャンネル〈清ちゃんスポーツ〉に出演した際に明かし、今の選手は仲が良すぎると口にしている。

善し悪しの判断は読者諸兄の判断に委ねるとして、世の常識も時代と共に移ろいでいくものなのだろう…。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!