スポーツ

避けるのが“うまかった”のに?衣笠祥雄、「被死球数」が物語る“鉄人ぶり”とは

 日本プロ野球界において、もっとも死球を受けているのは、清原和博氏の「196」(プロ通算22年)である。大打者である以上、執拗に内角攻めを受けるのは致し方ないことだろうが、清原氏入団当時に西武ライオンズで打撃コーチを務めていた土井正博氏いわく、「デッドボールの逃げ方、教えるの忘れた…」とこぼしているそうだ。

 近鉄バファローズ、中日ドラゴンズ、西武ライオンズのセ・パ3球団で活躍した元プロ野球選手の金村義明氏が、元フジテレビアナウンサーのフリーアナ・田中大貴のYouTubeチャンネル〈田中大貴のアスリートチャンネル【アスチャン!】〉の昨年12月1日投稿〈【暴露】金村義明が選ぶエグい打者ベスト3!鉄人と呼ばれたあの名打者の驚愕移動パターンを暴露?!<プロ野球ニュース>〉に出演した際にそう明かしている。

 また、この回では、鉄人とも称された元プロ野球選手、故・衣笠祥雄氏の名前も挙がり、衣笠氏は体が柔らかく、逃げるのがうまかったと金村氏は称している。

 ゆえに、「2215」試合連続出場(1970年10月19-1987年10月22日)の日本記録につながったのかと思いきや、衣笠氏はプロ通算23年間で「161」と、意外と死球を受けている。

 ちなみに、他の大打者で被死球を比較すると、長嶋茂雄氏は「43」(プロ通算17年)、山本浩二氏は「62」(プロ通算18年)、落合博満氏は「63」(プロ通算20年)、王貞治氏は「114」(プロ通算22年)、野村克也氏は「122」(プロ通算26年)となり、衣笠氏の被死球数の高さがうかがえる。

 もちろん、逃げる技術も卓越していたことであろうが、これだけ死球を浴びて試合に出続けていたということは、衣笠氏は、やはり「鉄人」なのだと再確認する機会となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
3
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
4
タモリ・たけしが徐々にテレビから消えていき…「ビッグ3」で残るのは「さんま」だけ
5
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」