スポーツ

避けるのが“うまかった”のに?衣笠祥雄、「被死球数」が物語る“鉄人ぶり”とは

 日本プロ野球界において、もっとも死球を受けているのは、清原和博氏の「196」(プロ通算22年)である。大打者である以上、執拗に内角攻めを受けるのは致し方ないことだろうが、清原氏入団当時に西武ライオンズで打撃コーチを務めていた土井正博氏いわく、「デッドボールの逃げ方、教えるの忘れた…」とこぼしているそうだ。

 近鉄バファローズ、中日ドラゴンズ、西武ライオンズのセ・パ3球団で活躍した元プロ野球選手の金村義明氏が、元フジテレビアナウンサーのフリーアナ・田中大貴のYouTubeチャンネル〈田中大貴のアスリートチャンネル【アスチャン!】〉の昨年12月1日投稿〈【暴露】金村義明が選ぶエグい打者ベスト3!鉄人と呼ばれたあの名打者の驚愕移動パターンを暴露?!<プロ野球ニュース>〉に出演した際にそう明かしている。

 また、この回では、鉄人とも称された元プロ野球選手、故・衣笠祥雄氏の名前も挙がり、衣笠氏は体が柔らかく、逃げるのがうまかったと金村氏は称している。

 ゆえに、「2215」試合連続出場(1970年10月19-1987年10月22日)の日本記録につながったのかと思いきや、衣笠氏はプロ通算23年間で「161」と、意外と死球を受けている。

 ちなみに、他の大打者で被死球を比較すると、長嶋茂雄氏は「43」(プロ通算17年)、山本浩二氏は「62」(プロ通算18年)、落合博満氏は「63」(プロ通算20年)、王貞治氏は「114」(プロ通算22年)、野村克也氏は「122」(プロ通算26年)となり、衣笠氏の被死球数の高さがうかがえる。

 もちろん、逃げる技術も卓越していたことであろうが、これだけ死球を浴びて試合に出続けていたということは、衣笠氏は、やはり「鉄人」なのだと再確認する機会となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング