スポーツ

避けるのが“うまかった”のに?衣笠祥雄、「被死球数」が物語る“鉄人ぶり”とは

 日本プロ野球界において、もっとも死球を受けているのは、清原和博氏の「196」(プロ通算22年)である。大打者である以上、執拗に内角攻めを受けるのは致し方ないことだろうが、清原氏入団当時に西武ライオンズで打撃コーチを務めていた土井正博氏いわく、「デッドボールの逃げ方、教えるの忘れた…」とこぼしているそうだ。

 近鉄バファローズ、中日ドラゴンズ、西武ライオンズのセ・パ3球団で活躍した元プロ野球選手の金村義明氏が、元フジテレビアナウンサーのフリーアナ・田中大貴のYouTubeチャンネル〈田中大貴のアスリートチャンネル【アスチャン!】〉の昨年12月1日投稿〈【暴露】金村義明が選ぶエグい打者ベスト3!鉄人と呼ばれたあの名打者の驚愕移動パターンを暴露?!<プロ野球ニュース>〉に出演した際にそう明かしている。

 また、この回では、鉄人とも称された元プロ野球選手、故・衣笠祥雄氏の名前も挙がり、衣笠氏は体が柔らかく、逃げるのがうまかったと金村氏は称している。

 ゆえに、「2215」試合連続出場(1970年10月19-1987年10月22日)の日本記録につながったのかと思いきや、衣笠氏はプロ通算23年間で「161」と、意外と死球を受けている。

 ちなみに、他の大打者で被死球を比較すると、長嶋茂雄氏は「43」(プロ通算17年)、山本浩二氏は「62」(プロ通算18年)、落合博満氏は「63」(プロ通算20年)、王貞治氏は「114」(プロ通算22年)、野村克也氏は「122」(プロ通算26年)となり、衣笠氏の被死球数の高さがうかがえる。

 もちろん、逃げる技術も卓越していたことであろうが、これだけ死球を浴びて試合に出続けていたということは、衣笠氏は、やはり「鉄人」なのだと再確認する機会となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?