スポーツ

お金がなくて…具志堅用高、世界王者挑戦前に見たかった「あの一戦」とは?

 元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏。9戦目での世界王座奪取は当時の国内最短記録であり(後に辰吉丈一郎に更新され、現在は田中恒成の5戦目)、世界王座防衛13度は今なお破られぬ日本人男子世界王者の最多記録でもあることから、レジェンド中のレジェンドボクサーだ。

 そんな具志堅氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈具志堅用高ネクストチャレンジ〉の中で、1976年10月10日の対ファン・ホセ・グスマン戦で王者に輝いた当時を振り返ったところ、この年に開催された「世紀の一戦」に興味津々だったことがわかった。

 12月1日に〈【具志堅用高ベスト3】今まで一番記憶に残る試合を大告白〉とタイトルをつけた投稿回を観てみると、「守りに入ったら倒される」との意気込みで臨んだと語る具志堅氏は、今ビデオで見直しても「1歩も逃げないで積極的に攻めてるね」と自画自賛のご様子だった。

 その具志堅氏が王者に輝いた76年には、もう一つ、素晴らしい格闘技の試合があった。6月26日に日本武道館で行われた、プロレスラー・アントニオ猪木と、当時ヘビー級の世界チャンピオン・モハメド・アリの「世紀の一戦」と呼ばれた異種格闘技戦である。

 具志堅氏は、観に行きたかったが、王者になる前でお金が無かったと語っており、「ロードワーク見に行ったり、ホテルから出てくるのを待ってた」と意外にも“追っかけ”をしていた過去を明かしたのだった。

 猪木氏もYouTubeチャンネル〈アントニオ猪木「最後の闘魂」〉を開設している。猪木氏と具志堅氏という異色の顔合わせ「異種格闘技の舌戦」をYouTubeで視聴できる日が近いうちに訪れるかもしれない…!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから