芸能

「バス旅」ポスト蛭子能収は荷が重過ぎる?ノブコブ徳井に“クズ不足”の指摘

 バス旅を引退した蛭子能収に代わり、「第2の蛭子」として期待される平成ノブシコブシ・徳井健太は期待に応えることができたのか。1月20日の「ローカル路線バス対決旅 路線バスで鬼ごっこ!群馬・高崎~伊香保温泉」(テレビ東京系)に出演。クズ言動が飛びだすのか注目を集めた。

 徳井はオープニングトークで趣味がボートレースに麻雀と蛭子と同じであることをアピール。さらに「少し漫画も描く」と話し、自らギャンブル係と主張してポスト蛭子に意欲を見せた。

「歩くのを嫌がったり、ミスの責任を太川に押し付けたりと蛭子の言動は本当にひどかった(笑)。ただ、それが面白さにつながっていました。徳井にも期待がかかりましたが、結論から言うとポスト蛭子にはなれなかったと思います。彼は旅の間、むしろ気配りを忘れず、クズ言動とは程遠かったからです」(テレビ誌ライター)

 太川の歩きのペースに番組スタッフがついていけないのを見ると、スタッフを気づかう優しい一面を見せ、太川が無人販売所でみかんを買うと「僕が持ちますよ」と声をかける。バスの車内でリーダーのバスの乗り継ぎ術をほめちぎり、チームを鼓舞した。それは影のリーダーと言ってもいい活躍。

 数少ないクズ言動は前橋から1キロ歩くと聞かされて難色を示したシーンと、2日目に寝坊をしてあわやスタートに間に合わないことぐらいだった。

「なにしろあの太川が徳井のことをほめたほど。チェックポイントとなったパン店でミッションを終え、次の目的地がどこかパン店で聞き込みをしたのですが、皆わかりませんでした。すると徳井は『(パン店の前に道をたずねた)タクシー会社で聞くという手もありますよ』と提案。太川が『賢い!』と絶賛しました。クズ言動に嫌気がさすどころか、むしろ好印象を受けました」(前出・テレビ誌ライター)

 芸人としてそれはよかったのか悪かったのか微妙なところだが、意外な好印象を与えたのは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!