芸能

「バス旅」ポスト蛭子能収は荷が重過ぎる?ノブコブ徳井に“クズ不足”の指摘

 バス旅を引退した蛭子能収に代わり、「第2の蛭子」として期待される平成ノブシコブシ・徳井健太は期待に応えることができたのか。1月20日の「ローカル路線バス対決旅 路線バスで鬼ごっこ!群馬・高崎~伊香保温泉」(テレビ東京系)に出演。クズ言動が飛びだすのか注目を集めた。

 徳井はオープニングトークで趣味がボートレースに麻雀と蛭子と同じであることをアピール。さらに「少し漫画も描く」と話し、自らギャンブル係と主張してポスト蛭子に意欲を見せた。

「歩くのを嫌がったり、ミスの責任を太川に押し付けたりと蛭子の言動は本当にひどかった(笑)。ただ、それが面白さにつながっていました。徳井にも期待がかかりましたが、結論から言うとポスト蛭子にはなれなかったと思います。彼は旅の間、むしろ気配りを忘れず、クズ言動とは程遠かったからです」(テレビ誌ライター)

 太川の歩きのペースに番組スタッフがついていけないのを見ると、スタッフを気づかう優しい一面を見せ、太川が無人販売所でみかんを買うと「僕が持ちますよ」と声をかける。バスの車内でリーダーのバスの乗り継ぎ術をほめちぎり、チームを鼓舞した。それは影のリーダーと言ってもいい活躍。

 数少ないクズ言動は前橋から1キロ歩くと聞かされて難色を示したシーンと、2日目に寝坊をしてあわやスタートに間に合わないことぐらいだった。

「なにしろあの太川が徳井のことをほめたほど。チェックポイントとなったパン店でミッションを終え、次の目的地がどこかパン店で聞き込みをしたのですが、皆わかりませんでした。すると徳井は『(パン店の前に道をたずねた)タクシー会社で聞くという手もありますよ』と提案。太川が『賢い!』と絶賛しました。クズ言動に嫌気がさすどころか、むしろ好印象を受けました」(前出・テレビ誌ライター)

 芸人としてそれはよかったのか悪かったのか微妙なところだが、意外な好印象を与えたのは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…