特集

出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

Sponsored

「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。

 当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの。もっといえば、“見た目”にも“女性とのコミュニケーション”にも、自信がないのかもしれない。だから結婚するための行動もできない。“婚活”に励む女性とは対照的だ。実際、こんなプロの見解もある。

「男性は容姿や異性とのコミュニケーションに悩む方が女性より多く、とくに年齢が上がるほどそれらの懸念が大きくなる傾向にあります。こうした不安感が、男性の婚活へのネックとなっています」(結婚相談所スタッフ)

⇒婚活の前にまずは簡単約2分の結婚力診断へ

 自分の“本音”に向き合ったとき、「本気で結婚したい!」と思ったら、やっぱり行動しないことには始まらない。だから、「仕事が忙しいから……」「もう少し自分を磨いてから……」と“やらない理由”を考えるのはやめるべき。「婚活なんて……」との偏見を捨ててフラットに物事をみてみれば、案外多くのメリットに気が付くはずだ!

 そうはいっても何から始めれば……。

 見た目はもちろんファッションセンスにも自信がない、場の空気が読めない、口下手で会話が続かない、女性と向き合うと緊張する──自分に向き合えば向き合うほど湧いてくる不安は、なかなか自分では払拭できないもの。でも、そんなときに頼りになるのが“第三者の視点”だ。

 それもプロの視点。“婚活”という言葉が一般的になり、婚活アプリやパーティ、結婚相談所が“自然な出会い”の場としても違和感なく受け入れられつつある今、不安なく行動するためにはサポート体制の有無が婚活の手段を選ぶ基準にもなる。確かに、さまざまな悩みを相談できて、解消のためのアドバイスを受けられるのであれば、婚活へのハードルも低くなる。

 男の婚活について、結婚相談所『オーネット』で婚活をサポートする“専任アドバイザー”に聞いてみた。

 なるほど。相手を紹介してくれるだけでなく、いろんなサポートがありそうだ。そうはいっても、「結婚相談所って通うのが大変……」と敬遠する男性もいるかもしれない。でも実は!テレワークが推進される中、“できるときにできるだけ”が婚活の新しいスタイルなんだとか。それが「おうち婚活」。面談やお見合い、チャット、パーティがオンラインでできるならありがたい。でもやっぱり……。

 婚活においては条件に合った2人のマッチングが大切だろうから、その可能性が婚活前に分かるのはうれしい。しかも無料で! それだけでも前へと進む力になりそうだ。ところで、実際に婚活に進むまでの心得として、大切なことは何か聞いてみると……。

 自分に合った相手とのマッチングや苦手な分野でのサポート、オンライン活用など、「本気で結婚したい!」なら結婚相談所のメリットは確かにある。ライフスタイルの多様化が進む昨今、出会いだっていろんなカタチがあっていい。まずは始めてみる。そのスタートとして、“結婚チャンステスト”はいい機会だ。モヤモヤした寂しさと閉塞感から脱却するために!

Sponsored by 株式会社オーネット

カテゴリー: 特集   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態