芸能

菜々緒「クール」に飽きた?徐々に見せ始めた“キャラ変”のナゾ

 2月1日、女優の菜々緒がインスタグラムを更新。10年前の自身の写真をアップし、話題を呼んだ。

「菜々緒が上げた写真は、『10年前のマイルドな私』。茶髪で肌はうっすら小麦色、瞳がクリっと見えるメイクで、美人タイプは変わりませんが、やはり現在のクールビューティーなイメージとはかなり違います。10年前といえば、『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー』に選ばれ、ファッション誌『non-no』の専属モデルなった頃で、まさに彼女がブレイクする寸前の時期ですね」(エンタメ誌ライター)

 これには10万件以上の“いいね”が付き大反響。ネット上では《今も昔もやっぱり綺麗だよな》《今のキツめな感じも好きだけど、10年前のギャルっぽい感じもイイ!》《今や大物女優。写真の頃から努力を続けてきたんだろう》など絶賛の声が相次いでいるのだが、気になるのは本人も「マイルド」と言うように、ここ最近“キャラ変”ぶりが目立ち始めている点だ。

「2月1日にVTR出演した『朝ワイド す・またん!』(読売テレビ)では、現在は母親と同居し、家ではご飯も作らず休みの日はずっとベッドの中でダラダラ過ごしていると自虐的な発言をしたり、1月28日の『櫻井・有吉THE夜会』で出た際は“人に怖がれることが多い”と悩みを打ち明けるなど、世間に言われるようなストイックさはそこまでなく、もともとは“マイルド”であることを強調する傾向にあります。本人がキツめの性格に見られことに嫌気が差し始めたのか、仕事の幅を広げるための見せ方なのかは分かりませんが、ファンとしてはまた違った面の彼女が見られるだけに、今後の発言も楽しみといったところでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 ドSと言われる菜々緒だが、ぜひ“実はドM”な面も出して欲しいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手