芸能

菜々緒、「ボス恋」番宣に全力投球な姿勢に芸人からも「まるで若手芸人」指摘!

 まるで2006年に公開されたアメリカ映画「プラダを着た悪魔」のようだと批判されている、放送中のドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)。

 ちなみに、「プラダを─」は、ファッションに無頓着なジャーナリスト志望の冴えないヒロインが、ニューヨークの一流ファッション誌の“プラダを着た悪魔”のような女性編集長のアシスタントとして働くことになり、悪戦苦闘しながら成長していくストーリー。確かに、「ボス恋」は、この映画に似ているところがあるが、そんな批判の声も吹き飛ばす勢いなのが、同ドラマでドSのカリスマ編集長・宝来麗子を演じる菜々緒の「頑張り」だ。

 菜々緒は1月28日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演。若い出演者との距離の縮め方がわからない、怖がられてしまうと悩みを告白した。そして、それを解決するためにお笑いユニット・怪奇!YesどんぐりRPGから一発ギャグを伝授され、まったくプライベートトークを交わしたことのない後輩女優の秋山ゆずきと久保田紗友の前に立ち、大声で「な~なな~」と歌いながら両手を大きくあげて拍手をスタート。キョトンとする秋山と久保田に構わずグッと身体を前に倒して腰を突き出す「菜々緒ポーズ」をしながら「はい、菜々緒」と自己紹介してスタジオの笑いを誘ったのだ。

「菜々緒は1月30日放送の『王様のブランチ』(TBS系)にも出演し、家電芸人の異名を持つお笑いコンビ・ペナルティのヒデにジェスチャーで『お笑いコンビ・ぺこぱ』を伝えるために髪を振り乱して全力投球。ヒデから『若手芸人じゃないんだから、そんな全力でしなくても』と言われたほど。怖そうに見えるのは仕事に対してストイックで、高身長美人特有の圧があるから。菜々緒の素顔はサービス精神旺盛な男前キャラなのだとか」(女性誌記者)

 美人は、決して得するばかりではないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美