芸能

綾瀬はるか、主演ドラマ「天国と地獄」を“今季1位”に導いた「ギャップ力」

 綾瀬はるか(35)が演じる刑事・望月彩子とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わるドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)。第4話終了時点での初回からの平均視聴率が14.8%と、2位の「相棒season19」(15話平均14.7%、テレビ朝日系)を抑えて、もっか今季放送されている民放ドラマのトップをひた走っている。

 テレビ局関係者が好調の理由を次のように分析する。

「このドラマは、鹿児島県の奄美大島(喜界島)に伝わる『月と太陽の伝説』がモデル。人間の魂が入れ替わる、なんてことは現実にはありえませんが、回を重ねるごとに綾瀬さんのちょっとしたしぐさや目つき、セリフのスピードやトーンなど、まるで本当に殺人鬼・日高の魂が乗り移ったかのような熱演で視聴者を引き込んでいます。そもそも綾瀬さんは演じながら役柄を自分のものにしていくタイプなので、今後はもっと殺人鬼らしい演技を見せてくれるでしょう」

 確かに第3話で見せた殺人シーン後、SNS上では「惨殺シーンがサイコすぎて怖い」「綾瀬さんの悪役最高!」といった内容の書き込みがあふれた。

「これまで悪女をあまり演じたことがなかっただけに、綾瀬さんの『ギャップ力』が高視聴率につながっていることは間違いないと思います。ちなみに、この『ギャップ力』を持つ女優はそんなにはいません。他に例をあげれば菜々緒さん。彼女は悪女のイメージが強く、今季ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)でも鬼編集長役を演じていますが、ふとした時の笑顔がより映えるし、『4分間のマリーゴールド』(TBS系)で見せたナチュラル系ヒロイン役も悪女とのギャップが高視聴率の要因でしょう。綾瀬さんにとって、今回の殺人鬼役が今後の大きな武器になると思います」(前出・テレビ局関係者)

 3月公開予定の映画「奥様は、取り扱い注意」(東宝)では、殺人鬼から奥様へ、というギャップも楽しめそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情