芸能

日向坂46・加藤史帆が後輩からの“窃盗被害”告白もファンはホッコリのワケ

 日向坂46の加藤史帆が2月5日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)に出演。ロケ弁にまつわるメンバー間トラブルについて明かした。番組では「絶対に許せない!最新犯罪に巻き込まれた芸能人」をテーマに、犯罪に巻き込まれた芸能人のエピソードを再現VTRで紹介。坂道グループの大先輩でもある元乃木坂46の生駒里奈がフィッシング詐欺被害に遭ったことなどが取り上げられている。

 そんな中、スタジオ出演した加藤もとんでもない事件を経験していることが紹介され、加藤はその詳細について、「有名なお弁当の『オーベルジーヌ』ってあるじゃないですか」と、業界では有名なカレーのロケ弁にまつわるエピソードを披露。

 そのお弁当の中にはカレーとご飯のほかジャガイモとバターが入っているが、お弁当を大量発注した時にはバターは弁当と別で、専用の箱に弁当と同数のバターが用意されるといった大所帯のアイドルグループならではの事情を説明。そのため、メンバーは弁当とバターを取っていくそうだが、加藤は「私が取りに行ったらバターだけないんですよ。で、バターがないとじゃがいもパッサパサなんですよ」と、告白。

 その真相について、加藤は「ある1人のメンバーがバターを3つ持って帰ってた」と話し、メンバーの河田陽菜が“犯人”だったと説明。「1つ使って、2つ家で使おうと持って帰ったらしいんですよ」と、その手口を明かし、これには番組MCの爆笑問題・太田光も「悪質だな、それ」とツッコミを入れていた。

 ただ、日向坂ファンからは「話を聞いてる段階で犯人は河田さんだと思ってたら案の上だわ(笑)」「日向坂を知らない人は勘違いするかもだけど、かとし(加藤)は怒ってないし、これが河田さんだからね」「これで河田さんもまた名前が売れたね。加藤さんは優しいな」といった声が上がった。

「大前提としてまず話しておきたいのが加藤は河田が大好きということ。昨年9月に放送されたラジオ番組『レコメン!』(文化放送)で、加藤は河田について『顔も好きだし、性格も好きだし、声も好きだし、歯も好き』と語るほど河田を“溺愛”。ただ、そんな河田に唯一直してほしいところがあるかを聞かれると『やっぱ…人の物を盗む? 盗み癖』と、バラしてましたね。とはいえ、もちろん、本当に人の物を盗んでいるわけではなく、河田本人も、鏡やコスメなどをちょっと借りただけで返すタイミングを失っていると釈明していましたね」(アイドル誌ライター)

 また、「日向坂はギスギスした感じがいっさいないのがいいね」など、他アイドルグループと比べ、日向坂の上下関係のゆるさにホッコリしたという声も見られていた。

「ちなみに先輩グループの乃木坂では、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で「今さら聞けない乃木坂のルール」という後輩メンバーたちが今さら聞けなかった質問を先輩メンバーにぶつける企画がありました。そこで4期生の柴田柚菜は『お弁当をとる時にすごい悩むんですけど、お魚とお肉の弁当があった時に、お肉を取っておいたほうがいいのか? それともお魚か?』と、自分たちが先輩よりも先に弁当を取る場合、どうすればいいのか? を質問していましたから、それを考えれば、河田のバター盗みが許されるわけですから、日向坂はだいぶ後輩も伸び伸び活動できている気もしますね(笑)」(前出・アイドル誌ライター)

 ちなみにかつてアイドル界で頂点に立ったモーニング娘。では、リーダーの中澤裕子が幅を利かせ、”中澤の前を歩いてはいけない”、”中澤がいる楽屋でバナナを食べてはいけない”といった暗黙のルールが存在したと言われる。もし河田がモー娘。にいたら、きっと中澤姉さんに目をつけられていた!?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト