芸能

真木よう子、巨バスト揺れ熱演で思い出される「コンプレックスだった」告白

 放送中の出演ドラマ「青のSP」(フジテレビ系)で小走りのシーンの時などで、爆裂バストの揺れ揺れぶりを見せ、評判となっている女優の真木よう子。それだけに、いまだにファンの間で思い出されるのは、今年1月6日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に真木が出演した時のことだ。この放送回で、真木は、過去に大きなバストであることに悩んでいたことを明かしているのだ。

 番組で占い師の星ひとみから、23歳の時について「やりたくないことをやったり、ダウンする年」と占われた真木。「20代の時は『なんで自分が求められているのか?』『いったい、私の何を知ってるの?』」と周囲に反発していたことを明かし、“胸が大きいとかそういうことで評価されたくない。言われるほどイヤだった。一時期は女優をやめようと思っていた”と、バストがコンプレックスだったことを明かした。

 視聴者からは「大きいゆえの悩みかぁ。小さい人にとっては羨ましい限りだけど、ほんと人それぞれなんだな」「あのFカップバストが最高にイヤラしいのにもったいないなぁ。もっとガンガンアピールしたほうがいいと思う」などといった声が寄せられていたのだが…。

「一方では、『バストで評価されたがったのは自分のほうでは?』『バストの魅力がなければ、ここまで売れていたとは思えない』とした指摘も見られました。クールでミステリアスなキャラでブレイクした当初、加えて世の男性を魅了したのがその迫力ボディ。2005年の初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』での体当たり演技や、07年の大胆写真集『月刊真木よう子』で披露したたわわなバストがなければ、ここまで世間の認知度と人気が高まることはなかったでしょうね」(芸能ライター)

 ただ、売れっ子になった今は、真木は、そんなコンプレックスなど感じてはいないと思われるだけに、今後もどんどんバストをアピールしてほしいところだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
警察出動!三浦友和・百恵夫妻が「右パンチに平手打ち」の大乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
新井恵理那、下半身もスゴイ!「“男好きボディ”を証明した」ピタピタ映像
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像