芸能

真木よう子、巨バスト揺れ熱演で思い出される「コンプレックスだった」告白

 放送中の出演ドラマ「青のSP」(フジテレビ系)で小走りのシーンの時などで、爆裂バストの揺れ揺れぶりを見せ、評判となっている女優の真木よう子。それだけに、いまだにファンの間で思い出されるのは、今年1月6日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に真木が出演した時のことだ。この放送回で、真木は、過去に大きなバストであることに悩んでいたことを明かしているのだ。

 番組で占い師の星ひとみから、23歳の時について「やりたくないことをやったり、ダウンする年」と占われた真木。「20代の時は『なんで自分が求められているのか?』『いったい、私の何を知ってるの?』」と周囲に反発していたことを明かし、“胸が大きいとかそういうことで評価されたくない。言われるほどイヤだった。一時期は女優をやめようと思っていた”と、バストがコンプレックスだったことを明かした。

 視聴者からは「大きいゆえの悩みかぁ。小さい人にとっては羨ましい限りだけど、ほんと人それぞれなんだな」「あのFカップバストが最高にイヤラしいのにもったいないなぁ。もっとガンガンアピールしたほうがいいと思う」などといった声が寄せられていたのだが…。

「一方では、『バストで評価されたがったのは自分のほうでは?』『バストの魅力がなければ、ここまで売れていたとは思えない』とした指摘も見られました。クールでミステリアスなキャラでブレイクした当初、加えて世の男性を魅了したのがその迫力ボディ。2005年の初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』での体当たり演技や、07年の大胆写真集『月刊真木よう子』で披露したたわわなバストがなければ、ここまで世間の認知度と人気が高まることはなかったでしょうね」(芸能ライター)

 ただ、売れっ子になった今は、真木は、そんなコンプレックスなど感じてはいないと思われるだけに、今後もどんどんバストをアピールしてほしいところだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
2
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
爆裂バスト芸人・薄幸、所ジョージも「感心した」“名前の秘密”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン