社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<前立腺ガン>PSA検査で早期発見が可能に!

 日本人の新規患者が年間100万人を数え、38万人もの患者が死亡するといわれるガン。中でも患者数が著しく増加しているのが前立腺ガンだ。

 その理由には、高齢化や食生活の欧米化以外に、PSA(前立腺特異抗原)検査の普及が挙げられる。かつては見つからなかった早期の前立腺ガンがこの検査によって、どんどん見つかるようになっているのだ。

 PSAは前立腺から分泌されるたんぱく質を指す。検査は、このPSAが血液中にどれだけ存在するかを測定する。健常男性の場合のPSAは、前立腺から精液中に分泌され、血液中に浸出することはほとんどない。しかし、前立腺に疾患があると、血液中にPSAが浸出し、数値が上昇することが多いため、早期発見が可能となったのだ。

 前立腺ガンは、前立腺の細胞が無秩序に自己増殖することによって発生する。初期であれば臨床症状も認められず、非常に進行がゆっくりで、その過程で寿命を迎える人も少なくない。そのため、他の病気が原因で死亡した男性を調べた結果、前立腺ガンだったことがわかるケースもある。これを「前立腺ラテントガン」という。

 PSA検査がたくさん見つけているのは、まさにこの「ラテントガン」だと考えられている。

 前立腺ガンの危険因子は、加齢、遺伝、肥満、カルシウムの過剰摂取などが挙げられる。予防は、十分な睡眠、バランスのいい食事、禁煙、ストレスをためないこと、適度な運動など、どれも一般的なことばかりだ。

 ただし、前立腺ガンの場合、初期の頃は、自覚症状がほとんどないが、尿が出にくい、排尿の回数が多いなどの症状が出る場合もある。進行すると血尿や、骨への転移から腰痛の症状が出る場合もあるので、できるだけ尿の違和感を見逃さないことが重要。定期的にPSA検査を受けることも大切だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ