社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<前立腺ガン>PSA検査で早期発見が可能に!

 日本人の新規患者が年間100万人を数え、38万人もの患者が死亡するといわれるガン。中でも患者数が著しく増加しているのが前立腺ガンだ。

 その理由には、高齢化や食生活の欧米化以外に、PSA(前立腺特異抗原)検査の普及が挙げられる。かつては見つからなかった早期の前立腺ガンがこの検査によって、どんどん見つかるようになっているのだ。

 PSAは前立腺から分泌されるたんぱく質を指す。検査は、このPSAが血液中にどれだけ存在するかを測定する。健常男性の場合のPSAは、前立腺から精液中に分泌され、血液中に浸出することはほとんどない。しかし、前立腺に疾患があると、血液中にPSAが浸出し、数値が上昇することが多いため、早期発見が可能となったのだ。

 前立腺ガンは、前立腺の細胞が無秩序に自己増殖することによって発生する。初期であれば臨床症状も認められず、非常に進行がゆっくりで、その過程で寿命を迎える人も少なくない。そのため、他の病気が原因で死亡した男性を調べた結果、前立腺ガンだったことがわかるケースもある。これを「前立腺ラテントガン」という。

 PSA検査がたくさん見つけているのは、まさにこの「ラテントガン」だと考えられている。

 前立腺ガンの危険因子は、加齢、遺伝、肥満、カルシウムの過剰摂取などが挙げられる。予防は、十分な睡眠、バランスのいい食事、禁煙、ストレスをためないこと、適度な運動など、どれも一般的なことばかりだ。

 ただし、前立腺ガンの場合、初期の頃は、自覚症状がほとんどないが、尿が出にくい、排尿の回数が多いなどの症状が出る場合もある。進行すると血尿や、骨への転移から腰痛の症状が出る場合もあるので、できるだけ尿の違和感を見逃さないことが重要。定期的にPSA検査を受けることも大切だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!