芸能

優里、元Juice=Juice高木紗友希を「家事おばさん」扱いしハロオタ大激怒

 2月27日の「文春オンライン」が、男性シンガソングライター・優里の3股疑惑を報じた。優里といえば先日、元Juice=Juice・高木紗友希との交際が報じられたばかりだが、同時期に他の女性とも親密な関係にあったという。

「文春は今回、優里と付き合っていたというA子さんとB子さんを取材。まずA子さんによると昨年11月、インスタグラムで優里からDMが届き、プライベートで会うことになったそう。その後、夜に優里から呼び出され自宅に泊まり、翌日に近くで食事をして別れるというデートが続いたとのこと。しかし今年に入り、彼がドタキャンを繰り返すようになり疎遠になったのだとか。またB子さんも、同時期に飲み会で声をかけられ優里と逢瀬を重ねていたものの、突然ドタキャンが増え、やがて疎遠に。そんな矢先に高木との熱愛報道が出たことで、『私は優里くんの彼女だと思っていました』とショックを受けたと話しています」(芸能記者)

 また文春によれば、高木は昨年11月から今年の1月にかけて、所属する「ハロー!プロジェクト」の地方公演にたびたび出演するなど多忙を極めていたとのこと。つまり彼女が仕事で東京を離れている間に、優里は他の女性と関係を結んでいた可能性があるようだ。

 そんな中、優里が高木に対して言い放った可能性のある心ない言葉が炎上しているという。

「A子さんによれば、優里の自宅に泊まりに行くたびに女性物の化粧品やアンダーウエアを発見したそう。しかし優里は、毎回『家事をしてくれるおばさんがいる』と説明していたのだとか。その後、高木との熱愛報道が出たことで、A子さんは『まさか相手がアイドルの高木さんだったとは…』と驚いたと言います。そんな中、この証言に激怒しているのが高木のファンです。高木は優里との熱愛報道が出たことで、アイドルグループから脱退することになりましたが、ネットでは『本当に好きな人と幸せになってくれるなら…』とグッと悲しみを堪えたファンも多かった。しかし今回の3股疑惑や、高木を家政婦扱いしていたかのような発言が報じられ、『家事するおばさんって酷すぎる。こんな男に未来あるアイドルの人生が壊されたのか』『紗友希の華々しい卒コンもアイドル人生も奪った優里が本当に許せない』『女を家政婦でしか見てない男』などと怒りの声が殺到しています」(前出・芸能記者)

 2月には、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)や「CDTVライブ!ライブ!」(TBS系)など、有名歌番組に次々と出演し知名度を広げている優里。ハロプロファンは今後、彼の活躍を複雑な気持ちで見ることになるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
2
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
爆裂バスト芸人・薄幸、所ジョージも「感心した」“名前の秘密”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン