芸能

米倉涼子VS鈴木京香「“共演NG”20年」の舞台裏をひっぺがす!

 生き馬の目を抜く芸能界では新旧女優が共演をきっかけに共演NGとなることは珍しくない。しかし、テレビ改編期の繁忙期のどさぐさ紛れに、大物女優2人が急速雪解け宣言。ベルリンの壁が崩れたかのような春の珍事に芸能関係者も仰天ぶりを詳報しているのが4月20日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

「今日は私のあこがれの大先輩、鈴木京香さんがゲストに来てくださいました」

 4月3日、米倉涼子(45)が自身インスタに鈴木京香(52)と肩を並べたペアショット写真と短文をアップした。口角を上げ、白い歯を見せてニッコリほほ笑む2人の表情はまるで長年来の同志のようなショットなのだ。ベテラン芸能リポーターが驚きの声を上げる。

「このタイミングでまさかこの2人の横並びが見られるとはビックリです。米倉は昨年3月にデビュー以来21年所属した大手事務所を退社し、個人事務所を設立した。その設立1周年ディナーショーのサプライズゲストとして鈴木が招かれたんです」

 都内のライブ・レストランで4日間に渡り開催されたショーでは、岸部一徳(74)、西田敏行(73)、安住紳一郎(47)など米倉が公私ともに親しくする大物ゲストが連日登場し、客席を沸かせたという。スポーツ紙芸能デスクが説明する。

「2人が初めて共演したのは01年のドラマ『非婚家族』(フジテレビ系)。放送当時、鈴木は32歳、米倉は25歳でしたが、このドラマが最初で最後となり、以来2人が同じ作品で共演することは決してありませんでした」

 やはり、2人が袂を分かつ発火点はこのドラマにあったようだ。ドラマプロデューサーが当時の様子を述懐する。

「今でこそ連ドラ主演を張り合う大女優となった2人ですが、当時は女優として鈴木が格上で、まだ新人の初々しさが抜けきらない米倉とは、雲泥の差があった。また、撮影現場では楽屋に籠って役作りに集中する鈴木に対し、共演者とワイワイ談笑するのが好きな米倉ではタイプがまったく違ったのも不仲の第1歩だったのかも。ただ、当時は比較されるには女優としてのランクが違い過ぎました」

 また、ドラマの配役でも2人は主演・真田広之(60)の元ヨメと現在のヨメというライバル関係の設定にあったことが、さらに関係を悪化させたという。その舞台裏について4月20日発売の「アサヒ芸能」4月29日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?