芸能

小倉ゆうか、今後の活動を報告&質疑応答も「ファンが落胆」の理由とは?

 下の名前の表記を漢字から平仮名に変更したことを発表したタレントの小倉ゆうかが4月15日、インスタライブを行ったが、一部ファンをガッカリさせてしまったという。

「配信の冒頭で小倉は『ご心配をおかけしたみなさま、ご迷惑をおかけしたみなさま、ごめんなさい』と頭を下げましたが、昨年のラジオ番組“降板テロ”騒動に関しては『お話しすることはできません』と口を閉ざし理解を求めました。ただ、『自分のしたことにはすごく反省しています』とも語り、自身の意思の伝え方は今後学んでいきたいと話していました」(ネット系ライター)

 小倉は続いて公式サイトを開設したことを発表。近年勉強していたという中国語を生かし中国向けのSNSアカウントを開設することも明かして、芸能活動復帰に向け着々と準備が進んでいることをうかがわせた。その後、視聴者からの質問に答える形で、今後の目標について「好きでいられる自分で、他人にも認めてもらうこと」と明かし、質問が多かったという艶系ビデオに出演する可能性については「200%出ません。期待しないでください」と断言。

 また、今後の出演情報について小倉は明言こそしなかったものの、「未発表のものがあるので待っていてください」と語り、写真集の仕事は「また作りたい。一つの目標にしたい」と語った。

「小倉といえば、抜群のスタイルの良さを生かした水着グラビアが一つの売りで、写真集に前向きの発言にはファンも沸いたのですが、グラビアの仕事について“着衣でのグラビア”の可能性は口にしたものの、多くのファンが期待しているような水着グラビアは今後予定がないようです」(前出・ネット系ライター)

 ネット上には「水着グラビアやらない小倉さんに正直需要があるのかどうか」「水着やらないのはガッカリ」「自分がやりたい仕事だけやるスタイルで、バリバリ働く気はないのかな」といったファンの反応が寄せられている。

「小倉さんが最大の武器と思われていた水着グラビアをやらないという、ある意味強気な姿勢を見せられるのは、恋人である総合格闘技・朝倉未来選手の存在があるようです。一部報道では朝倉選手との破局が伝えられていたのですが…」(芸能誌記者)

 4月20日発売の写真誌「FLASH」では、この件について記者の直撃を受けた朝倉は、「いやいや、(小倉と)破局してないですよ」と語った。

「この報道を見る限り、朝倉さんはユーチューバーとしても人気で、収入的には小倉さんを支えていくのは簡単なはずですから、小倉さんは自身に稼ぎがなくても現状は経済的には“安泰”。気に入った仕事のみに取り組むことができる環境なのかもしれません」(前出・芸能誌記者)

 はたして、新たな自身の魅力を発信していくことができるか。次の一手が注視される。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…